日本人がやりがちな、海外旅行のNGマナー トップ5!

http://free-photos-ls02.gatag.net/images/lgf01a201401050300.jpg

日本人が海外旅行をする場合ビザの不要な国も多く、パスポートと旅費があれば気軽に海外旅行が出来る。

だが訪れた先は日本ではないのだ。自らが自分たち日本人は、礼儀正しくマナーの良い人間だと自負していても、知らないうちに海外旅行先でマナー違反をしているかも知れない。

せっかくの海外旅行で、訪れた国の人々に日本人はマナーが悪いなんて思われたくはないものだ。

マナー違反をしてお互いに嫌な思いをし、日本人の悪い印象を残して、楽しいはずの海外旅行が苦い思い出になってはつまらない。

ここでは、日本人がやりがちな、海外旅行のNGマナーをご紹介したい。

 

テスト

5位:「ドアのマナー」

http://pictogram-free.com/material/118.png

欧米旅行で、誰かがドアを押さえていてくれたので、ありがたく日本人の連れとみんなでゾロゾロ通ってはいないだろうか?

自動ドアならまだしも、赤の他人がわざわざ押さえてくれているドアを、当たり前のように通る残念な行動。

公共の場でドアを押さえてくれる人の厚意を無視して、ラッシュの電車から降りる時のように我先にとドアを通過するのは、欧米では完全にマナー違反である。

公共の場所にある手動のドアを通る際には、自分の後ろから来る人がいないかを確認して、後から来る人がいればドアを押さえて待つのが欧米のマナーだからだ。

お礼を言って、今度は次に通る人がドアを押さえる。そうやってバトンを渡すように、皆が後ろの人の為にドアを押さえて行こう。

ガイドさんがサービスでしてくれるなら別だが、誰かひとりにずっとドアを押さえさせてはいけない。