こんなに可愛いくて最強!人気の女子プロレスラートップ5!

人気の女子プロレスラー

女子プロレスの最盛期は、ビューティーペア、クラッシュ・ギャルズが活躍した1970年後半から1980年代と言われている。

1989年にクラッシュ・ギャルズの長与千草が引退し解散した後も、アメリカのWWE世界女子王座を獲得したブル中野、デンジャラス・クイーンと呼ばれた北斗晶、女子プロレス最強の男・神取忍などが活躍した。

ブーム去ると、女子プロレス界では、団体の解散、小規模団体の乱立が相次ぎ、興行規模も一気に縮小してしまった。

最盛期は、年200~300回と行われていた試合数が激減していく中で、男子プロレス団体への参加や、格闘技大会への出場、芸能活動など活躍の幅を広げる女子プロレスラーがでてきた。

また、団体が増えたことで、小中学生の選手も所属する「アイスリボン」や、ベテランレスラーからビジュアル路線まで人気選手が多く所属する「スターダム」、他団体やフリー選手も参戦し幅広い選手層が活躍する「WAVE」などさまざまなスタイルのプロレスが生まれることにもなった。

今回は、プロレス仲間の飲み会ではシガラミがあり「女子プロレスラーで一番なのは●●選手だよね」とはっきり言えずにいる筆者が、本当に可愛い最強女子プロレスラーのベスト5を作成した。

 

【こちらも読まれています】

⇒美しすぎる海外サッカー選手の彼女・嫁(妻)ランキングトップ10!

⇒プロレス女子必見!注目のイケメンプロレスラートップ5!

⇒ちょっと意外!実はプロレス好きな芸能人トップ5!

⇒WWEで活躍した日本人レスラー、ランキングトップ5!

5位:かわいい女性レスラーの赤井沙希

赤井沙希は、オスカープロモーションに所属するモデルであり、プロレスラーとしても活動している。父は浪速のロッキーこと俳優の赤井英和である。

2011年放送のTVドラマ『マッスルガール!』でプロレスラー役を演じるが「ファンとしてプロレスに関わっていきたい」とデビューには否定的であった。その後、DDTプロレスリングの高木社長に勧誘され、2013年に両国国技館大会でプロレスデビューした。

モデル活動も継続中のため、細く引き締まった体型をしており、高木社長からも「細い体だからこそできることがある。体を大きくしないように」と厳命されている。体型を維持する筋肉トレーニングを欠かさず、食生活にも気を使っている。

デビュー当初は、特にタッグ戦のリング下での動きに素人臭さがあったが、現在はDDTプロレス以外のリングにも登場し、人気レスラーとして活躍している。長い手足を活かした、キックやダイビングボディアタックが美しい。2014年はプロレス大賞新人賞を受賞した。