きっぱり忘れる!引きずらない不倫の終わらせ方5選!

異なった恋愛の形

恋愛の形は様々で、一つの恋愛があればそれぞれに異なった異性関係が存在する。

男と女がいれば、幸せに至って一般的な関係がなることが多いが、中にはパートナーがいる既婚者との恋に身を焦がす人もいるだろう。

相手にいくらパートナーがいたとしても、肩書を排除すれば血の通った一人の人間だ。

そこに「好きになってはいけない」と考えれば考えるほどに恋の熱は炎上するだろう。

しかし、そんな既婚者との恋愛は世間からは不倫として見られることになる。

冷たい目線を送られ、公にできない関係にはいつか終わりが来るものだ。

大人の関係であるかのようにムードを漂わせていても、当事者同士はいけない関係なのだと心の奥では認識している。

それでも中々関係をスッパリ絶てない人のために、不倫の終わらせ方を5つ紹介していく。

5位:相手の良いところは探さない

不倫という関係は、当事者が異性ということもあってか、相手の良い部分を過剰に評価してしまうところにある。

そして、相手が既婚者であれば当然のことながら相手のことを好いているパートナーがいるのだ。

不倫の相手が家族を優先したり、一般的な休暇である週末に堂々と会えないことは少なからず心に傷を追うことになる。

不倫の相手がいくら謝ってきたり、ご機嫌を取ろうとしていても、それは本当の優しさではない。

悪い部分が多いのにも関わらず、少しでも良い面を見て優先してしまうのは時間が経っても関係は変わらないだろう。

不倫をスッパリと引きずらないように終わらせるには、まず不倫相手の良い部分には全て目を瞑ることだ。

当事者からの目線ではなく、第三者としての客観的な視点で相手を見ることにより、2人の関係がどういったものなのか冷静に判断することができる。

4位:幸せで対等なカップルと比べる

「恋は盲目」と言うように、不倫を体験してみると今まで描いていた理想や概念が全く通用しなくなる時が訪れる。

自分では気づかないものの、周囲から見れば異変に思うほど心身共に弱っていた‥なんてこともあるだろう。

不倫の終わらせ方には鋭い目線と頭の回転の速さが重要だ。

不倫相手はその恋愛の形に慣れてしまっているため、何もおかしいことはないと一種の割り切った関係のように思い振る舞うが、その辺にいるような幸せで至って普通のカップルと比較してみる必要がある。

周りの友人や家族などの周囲にいる人間の恋愛思考を見て、現在継続している不倫と一体何が違っているのかを辿っていけば根本的に問題があるのだと感じることができるだろう。

また、自分が思い描いている恋愛は一体どういったものなのかということや、何に幸せを感じるのか考えることも必要になる。

その考えがしっかりと明確になっていれば立ち止まる時間を惜しく感じ、不倫相手には与えてもらうことができないのだと実感することができるだろう。