もう悩まない!ぼっちが参考にしたい成人式の過ごし方トップ5!

ぼっちが参考にしたい成人式の過ごし方

いよいよ後二か月で、2016年がやってくる。そして2016年の1月11日には、成人式が行われる。

成人式と聞いて、友達がいないいわゆる「ぼっち」な方は、相当お困りではないだろうか。なにしろ成人式といえば、かつての友人たちが同窓会で食事を囲みながら当時の思い出を談笑し、会話に華を咲かせるイベント。会話が苦手なぼっちのあなたには、相当苦痛なのかもしれない。

もっとも、あなたが相当なぼっちであれば、成人式に行かないという選択もある。ぼっちであることを理由に成人式への参加を拒んでも、誰も怒らないし、何事も文句を言われる筋合いはないだろう。

だが、一人だからこそ、責任感は強い。ぼっちだからと言って成人式にすら参加しなければ、これから先のどのようなイベントも、ぼっちを理由に拒み続けるのか、それで社会人として立派に務まるのか、と悩まれている方もきっといるはずだ。

今回は、そんな強く生きようとするぼっちのあなたに贈る成人式対策法だ。ぼっちは一体どのように成人式を乗り切ればいいのか、参考にするべき方法をランキング形式で5つ紹介してみた。

ぼっちの皆さんはこれを読み、できれば成人式を明るい気持ちで乗り越えて欲しいものだ。

5位:ぼっちじゃなかった頃の友人と成人式に出席!

ぼっちにオススメな成人式の過ごし方、一番最初に紹介するのは、この方法である。

まず、あなたは何時頃からぼっちだったのか、考えてみよう。高校の頃?それとも中学の頃?

それさえはっきりしていれば、何も問題はない。あなたがぼっちでなかった時代に通っていた学校のクラスメイトや友人と、成人式に出席すればいいのだ。

おそらく、成人式の数週間前から、成人式の待ち合わせや同窓会に関する連絡が複数送られてくるはずだ。あなたはこの中から、まだぼっちでなかった頃の集まりに参加すればよい。

例えば、小学校時代はどうだっただろうか。今よりケンカすることも多かったけれど、すぐに誰とでも仲良くすることができ、色んな友達の家で遊んだ記憶があるのではないだろうか。

その時代を共に過ごした彼らにとって、あなたはぼっちではない。あなたも当時の明るさを取り戻して、心から楽しむことができるはずだ。

だがもし、あなたが小学校時代から続く筋金入りのぼっちであった場合は、次に紹介する別の方法を検討してみてほしい。

4位:ぼっちのあなたにオススメ!成人式のみ参加!

ぼっちが人間関係の苦痛を味わうことなく無事成人式を終える方法としては、こんなものもある。

式が始まるギリギリに会場入りして、終わったら誰とも話さず、とっとと帰ってしまうのだ。

成人式における対人関係の苦痛とは、式開始前後の雑談ムードにある。

皆が再会を喜び合い、わいわいと盛り上がっている中を一人でじっとしているというのは、すさまじく堪えがたい。

だから、そんな場所にいるよりはもうさっさと帰ってしまった方がいいのだ。同窓会なんぞ、無視してしまおう。

この方法では逃げているようで嫌だ、ぼっちではあるが、しっかり現実と向き合いたいという方には、次に紹介する方法をオススメしよう。