アニメだからこそ心に響く!おすすめアニメ映画トップ5!

おすすめのアニメ映画

近年の映画は映像技術やCG技術の発展により、今まで不可能と思われていたことも映像化できるようになって来たのである。

それは今後、さらに多くの名作を誕生させることにも繋がり、あらゆる実写化にも成功していくであろう期待感にも繋がっていく。

しかし忘れてはいけないのは、アニメなどの映像技術も同様に進化しているとゆうことである。映画館のような大きなスクリーンで見ても、最近のアニメは映像の乱れなど全く無いのである。

そこで今回はアニメだからこそ心に響くおすすめのアニメ映画を紹介する。

実写などとは違いファンタジー要素が豊富に描ける。アニメだからこその登場人物や情景の温かみなど、アニメ映画には実写とは違う多くの魅力が存在するのである。

アニメ映画は子供向け。そんな偏見を持つ人もいるかも知れない。しかし1度見ればその考えを覆す作品ばかりなので、ぜひ今回紹介する作品を視聴してもらいたいのである。

クレヨンしんちゃんやドラえもんなどの子供アニメも、映画化された作品は多くの大人に感動を与えている。それは紛れもない事実なのである。

それでは「アニメだからこそ心に響く!おすすめのアニメ映画」の第5位から発表していく。

5位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

第5位はあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないである。

あの花として有名で、多くの涙を誘った感動的なファンタジー青春アニメ映画である。

主人公は引きこもりがちな高校生。ヒロインは幼馴染だった女の子の幽霊とゆう変わった設定が、物語を感動的にする。

序盤は多くの伏線が引かれており、離れ離れになっていた仲間たちの心境・過去のトラウマが、物語が進むにつれ徐々に紐解かれていく。

現在と過去が複雑に絡み合い、変わらない純粋な愛情と友情が心に響くのである。

このアニメは映画化の他にも実写化としても人気を出したが、筆者はこのアニメ映画をおすすめしたいのである。

物語で重要な過去の回想シーンは、アニメだからこその懐かしさや優しさ・悲しさを味わえる。

それがあるためにラストは涙を流してしまうのである。

漫画・アニメの映画化は、時間的に省かれてしまう設定や話しが多い。このあの花も例外ではない。

しかし中盤から感動の連続と、変わらぬ絆とゆうこの作品の魅力は、原作となんら変わりはないのである。