26歳の平均貯金額は?知っておきたい20代の貯金術!

千円札を手にする女性

26歳の平均貯金額はどのくらい?

26歳というのは、順当にいけば会社で3年目くらいの年齢。「石の上にも三年」という格言があるが、3年も社会人をやれば、大まかに社会のこともわかってくる。そして、その会社の社風や人間関係というのもわかり、仕事にも慣れてくる年齢だろう。

だが、まだ大きく給料が上がるということは珍しい。将来への不安や収入に対し、やきもきする年齢でもある。そんな中、つい周りの人間はいくらくらい貯金しているのだろう? と疑問に思うだろう。

ここでは、そんなあなたに26歳の貯金額と、おすすめ貯金法を紹介する。

【みんなに読まれてます】

5位:26歳の平均貯金額について

10セントと20セント硬貨

26歳の平均貯金額は、いくらかご存知だろうか?人によっては多いと思うかもしれないし、少ないと思うかもしれない。

答えは、200万円前後である。

これが26歳の平均貯金額のようだ。いかがだろう?あなたは、この金額より貯金が上だろうか?それとも下だろうか?

もし、下だという場合も気にすることはない。貯金では人間の幸せや満足度は測れないし、まだまだ健康な身体をもっている20代の内は、普通にしていれば大病に侵されるようなこともない。

むしろ、この200万円を本や仕事の勉強に使った方が、30代以降で大きく花開くこともある。そのため、本質的に20代の平均貯金額は、それほど価値がないと思った方が良い。

4位:26歳の貯金額の中央値

外国のコイン

26歳の平均貯金額は200万円と言われているが、平均というのは極端な話、26歳で年収数千万円以上稼いでいる人間も含まれる。その場合は、中央値でみた方が正確な場合がある。

では、26歳の貯金の中央値は、いくらだろうか?それは、30万円である。

どうだろうか?30万円なら自分は超えている、もしくは手が届きそうだと思う人は、多いのではないだろうか?

実際には、26歳の貯金額は30万円もあれば十分である。200万円貯めるくらいなら、百数十万円くらいは勉強に投資し、30代以降のキャリアアップにつなげた方が良いかもしれない。その方が、30代以降に貯金額が増えるためだ。