上戸彩がたっぷり堪能できる映画トップ5!

上戸彩とは

爽やかな笑顔と飾らない人柄で誰からも愛される人気女優・上戸彩。
明るく真面目な性格で好感度も抜群である。

2012年にEXILEのリーダー・HIROと結婚後も人気は落ちることなく、第一線で活躍を続けている。

そんな上戸彩のブレイクのきっかけといえば、武田鉄矢主演の人気ドラマシリーズ「3年B組金八先生」。
このドラマの第6シリーズに出演した上戸彩は、性同一性障害に悩む女子生徒という難しい役を熱演し、注目を浴びる存在となった。

セリフはそれほど多くはなかったけれど、心に闇を抱えた少女を目の動きや繊細な表情で見事に演じ切った。

そして、その後も順調に女優としての実績を積み、国民的人気女優となった。

また、結婚後も「半沢直樹」「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」「アイムホーム」と、ヒットドラマに立て続けに出演している。

さて、そんな上戸彩はドラマにCMにと大活躍中だが、実は映画にはあまり出演していない。

2012年に公開されて大ヒットした映画『テルマエ・ロマエ』に出演した際も、上戸彩本人がインタビューで「ずっとドラマをやっていたので、映画に対して大きな壁を感じていた」と答えている。

しかし、本数こそ少ないが上戸彩が出演した映画は名作ばかりである。

そこで今回は、上戸彩がたっぷり堪能できる映画をランキング形式でお届けしようと思う。

5位:「あずみ」

『あずみ』は2003年に公開された上戸彩主演の映画である。

同名漫画の映画化作品で、泰平の世を作り上げるために作られた暗殺集団の戦いと苦悩を描いたストーリー。
上戸彩は暗殺集団の1人で、並み外れた動体視力と俊敏さを兼ね備えた少女・あずみ役を演じた。

共演者は小橋賢児、成宮寛貴、金子貴俊など。

この映画は上戸彩にとって初の主演映画で、しかも初の時代劇作品である。

そのためプレッシャーもあったと思うが、悲しい宿命を背負った少女を繊細に、そして時には力強く演じた。
特にダイナミックで臨場感のある殺陣シーンは、上戸彩の可愛らしいイメージを覆すようなカッコよさだった。

ちなみに、ほぼスタントを使わず、90%以上を自分のアクションでこなしたと言われている。

そして、この映画で上戸彩は第27回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞と新人俳優賞を受賞。
また、第41回ゴールデン・アロー賞の映画新人賞も受賞した。

興行収入は約8億円と伸び悩んだが、話題性は抜群で、2005年には続編となる『あずみ2 Death or Love』も公開された。