1度は行きたい!世界の綺麗なヌーディストビーチ10選!

ヌーディストビーチとは

青く広大な海。

訪れた人は海を見ただけでも自然を感じ、寛大な気分にさせてくれる。また生まれたままの姿になっても人々は開放的な気分になることができるだろう。多くの人が公共の場でヌードになることに抵抗を感じると思うが、いくつかの場所では裸でいることが何の問題もなく、心も体もオープンにさせてくれる。

その一つがヌーディストビーチだ。

北米ではこのようなビーチは非常に一般的だが、意外な地域にもヌーディストビーチが存在。その一部ではあるが、世界の最も美しいヌーディストビーチを10個紹介する。これらのビーチに行けば水着を新たに買う必要なく、余った予算を使って少しでも旅先で豪華に過ごしたいものだ。

夏に旅行に行く際には、必ずプランに入れたい。

10位:多くの学生でにぎわいを見せるレック・ビーチ(カナダ,バンクーバー)

カナダは礼儀正しいお国柄で、美しい女性とおいしい食事が有名だが、バンクーバーにあるレック・ビーチもまたヌーディストビーチとして若者に人気だ。市街地からのアクセスもしやすく、7.8キロメートルも続くビーチは北米最大級。

カナダで最初のヌーディストビーチとなったレック・ビーチは、サマーシーズンには多くの学生でにぎわいを見せる。20代女性の普段は見られない姿を公共の場で見ることができるなんて男性にとっては楽園のようなビーチだろう。

9位:近年人気上昇中のプラヤ・ラス・スーカス(パナマ,コンタドーラ島)

ここ数年でパナマはリゾート地として発展。素晴らしいランドスケープとパナマ特有の文化が多くの旅行客を魅了している。中でもコンタドーラ島にあるプラヤ・ラス・スーカスはパナマで唯一のヌーディストビーチだ。

ネイキッドはあくまでもオプションであり、透き通った水に柔らかで細かな砂はこのビーチの一番の魅力であるだろう。この美しいビーチを目的に世界中から多くの人々が集まることは多いに納得ができる。

8位:アクセスの良さが人気! 北欧のヌーディストビーチ、ベルビュー・ビーチ(デンマーク,コペンハーゲン)

デンマークの首都コペンハーゲンから10キロメートル程度と近いことも人気である1つの要因だ。ヌーディストビーチであるベルビュー・ビーチはやや小さめだが、設備も十分に整っており、夏になると国内外問わず多くの観光客が押し寄せる。

もし人前で裸になることに抵抗があっても、他のビーチと同様に水着の着用は許可されている。北欧の短い夏にベルビュー・ビーチで過ごすのも悪くはないだろう。

7位:人気観光地マイアミのヌーディストビーチ、ハウローバー・ビーチ(米国フロリダ州,マイアミ)

ハウローバー・ビーチは国営のヌーディストビーチ。純白の砂やゴージャスな気候など、このビーチには誰もが一回は訪れたいと思う場所だろう。設備も整っており、警察官が常にパトロールをしており、安心して満喫することができる。

世界各国からセレブを含めた観光客の休息の地となっている。ハウローバー・ビーチも水着着用はオプションであるため、開放的な気分を味わいたい人にとってお勧めだ。