2016年コンビニのおにぎり人気ランキングトップ5!

コンビニのおにぎり

おにぎりという物は日本人とは切っても切り離せない存在だ。まさに、日本の和食文化の基本ともいえる料理なのではないだろうか。そして、それでいながら、数多くの家庭において作られ、愛されている。

基本的な「塩おにぎり」を筆頭に、数多くのネタが詰まったおにぎりが作られたり、販売されている昨今、買い物をしていてもどれを買おうか迷ってしまうなんて事もあるであろう。

梅干しや昆布、鮭、たらこといったシンプルなネタから、エビマヨや卵かけごはん風といったあまり見慣れないようなネタまで見るようになった。果たして、どのネタが美味しいかを考えた事はあるだろうか。

コンビニでは、数多くのおにぎりを作り、販売している。その種類やネタの豊富さはスーパーやデパートにひけを取らない。また、手軽さで言えば随一だ。

さて、この記事ではコンビニのおにぎりのうち、美味しいおにぎりをランキング形式で紹介していきたい。紹介するおにぎりがなぜ美味しいと言われるのか、その理由についても深めていきたい。

5位:塩にぎり

セブンイレブンが誇る自慢の逸品である。ただ、塩を振りかけただけの握り飯じゃないかと思い、手に取らない方も多いかもしれないが、その美味しさに驚愕してもらいたい。本当に塩だけなのかと思うくらい味に深みがある。

その美味しさの秘訣は米を炊く際、昆布だしによってたいている事にあるみたいだ。それによって米の持つ本来の甘さをより一層引き立ててくれると言うわけだ。

値段も他のおにぎりに比べると一番安く、手軽に食べられるというのもプラスポイントである。何の捻りもなく、消費者に真っ向勝負をしかけてくるような自慢の潮に義理を食べてみてもらいたい。

4位:ツナマヨ握り

ローソンのおにぎりと言えばこれっと言うほど定番である。丁寧に、そしてほどよい固さにまかれた米は口に含むとほろりと崩れ、巻いてある海苔やツナマヨとうまい具合に混ざり合うようになっている。

また、中に含まれるツナマヨの量も多く、みっちりと詰まっているのはうれしい。そのため、食べごたえがあり、食後は満足感に浸れるであろう。