ブルゾンちえみ with b の本名や年齢、彼氏など気になる情報5選!

ブルゾンちえみとは

近頃女性芸人、しかもピン芸人の飛躍が目立っている。柳原可奈子、渡辺直美、横澤夏子、ゆりやんレトリィバァ、平野ノラ、そしてブルゾンちえみ。それぞれが強い個性の持ち主ゆえ、さまざまな場所で活躍している。

今年(2017年)、1番に期待されているのはブルゾンちえみではないだろうか。ぱっつん前髪にキツいアイメイクと真っ赤な口紅、まるで一昔前のOLのようなファッションと上から目線の物言いで1度見たら忘れられない芸風ではないだろうか。

見た目は決して綺麗ではないのだが、魅力的に見える不思議な人物である。2015年にデビューしてすでに人気に火がついているのだから、芸人としてはかなりラッキーと言っていいだろう。彼女のような個性が強すぎる芸風はともするとすべってしまう危険性があるが、平野ノラのバブリーネタ、ゆりあんレトリィバァの通訳ネタなどが下地にあったので受け入れられたように思う。

with bという男性2人を従えているといったところは今までの女芸人にはなかったところで、with bもブルゾンちえみのキャリアウーマンネタに華を添える形になっている。

まだまだ謎の多いブルゾンちえみの気になる情報を伝えていきたいと思う。

5位:ブルゾンちえみの本名や年齢など

ブルゾンちえみは2017年2月28日に行われる『R-1ぐらんぷり2017』の決勝戦に初出演することが決定している。しかも決勝戦にはほかにもゆりやんレトリィバァ、横澤夏子、石出奈々子と4人の女芸人が出る異例な事態となっている。女芸人が多くなっているバラエティの世界でブルゾンちえみが今後どのような活躍をするのか気になる所だ。

父親は地元岡山県で小学校の教員をしており、ブルゾンちえみ自身も教員を目指すべく岡山県立岡山大安寺高等学校卒業後、島根大学教育学部に進学するも3年で中退してしまう。中退した理由は明確にはなっていないが、芸能界への強い憧れがあったらしい。そしてブルゾンちえみはもともとは芸人ではなく歌手を目指していたそうだ。中退後は地元岡山の劇団などで活動後、大阪の音楽専門学校へ進み、歌の活動をしていたらしいが、友人とともに上京する。

ワタナベエンターテインメントカレッジに入学したものの歌手よりタレントが合うと言われ、バラエティコースへ進むことに。手っ取り早くテレビに出たいと講師に言ったところ芸人になることをアドバイスされたそう。2015年にカレッジを卒業しワタナベエンターテインメントに所属し、同年にデビューしてしまう。芸人というと下積み生活が長いイメージがあるが、ブルゾンちえみは本当にラッキーガールである。

そんなブルゾンちえみの本名は藤原史織なんだそうで「ちえみ」が名前だと思っている人も多いのでは。ブルゾンちえみという芸名は、芸名で悩んでいたときに同じ事務所の先輩でお笑いコンビ「はなしょー」の杵淵はなから「ブルゾンちえみ」っぽいと言われたのがきっかけだったそう。

また年齢は1990年8月3日生まれの26歳(2017年2月現在)であることが判明。ちなみに血液型はO型である。教員をしている父親も芸人の道を応援してくれ「1分ネタ」でも岡山から東京へ見に来てくれるのだという。

4位:ブルゾンちえみとコシノジュンコとブリリアンの関係とは

ブルゾンちえみといえば個性的なヘアスタイルとメイクだが、コシノジュンコに憧れていると知ったら「なるほど!」と納得してしまった。アイメイクの強さもコシノジュンコにそっくりである。

自分ではこういったメイクなども含めて男性からは評判は悪いと分かっている様子。彼女は日本人の男性よりも外国の男性が好きらしいので、海外ドラマに出てくるいかにも肉食女子という雰囲気にしているのではないかと思う。

2016年には憧れのコシノジュンコのバースデイパーティで本人と会うことが出来たのだそう。有名人のコシノジュンコのパーティはどうやったら参加できるのかと思うが、なんと青山にあるコシノジュンコのショップにバースデイパーティのチラシがあって出席したのだという。そして挨拶した時に「ヘアスタイルもメイクもチャーミングね」と褒められたことが自信につながったのだそう。

「ブルゾンちえみwith b」という名前だが、従えている男性2人は同じ事務所の後輩で「ブリリアン」というコンビ名なのでwith bになったという。またこのスタイルは海外女性アーティストがツアーなどの時、よく黒人やマッチョな男性を従えて出てくるのに憧れて、やってみたかったとブリリアンを誘ったのだそう。

ブリリアンの2人はネタの間は何も言わずカッコつけてるだけだが、身長の高い2人とブルゾンちえみのバランスがとれていると思う。そして「キャリアウーマン」のネタの時にかかっている音楽、それについては次章で紹介したい。