国産か外車か?モテるセダンの車ランキング10選!

セダンとは

昔から若い男性に人気のあるセダン。

セダンは全車種の中でもバランスが特に良いため、車にこだわりのある方にはぴったりの車種である。

にモテる車というと一番に思い浮かぶのが、セダン。

セダンの高級感が好きという女性も多い。

「運転しやすいコンパクトセダン」「走行性能の高いスポーツセダン」「豪華な高級セダン」など様々なタイプのモデルがある。

ではどのようなセダンに乗っていたらモテるのか。

今回は国産か外車か?モテるセダンの車ランキング10選!をご紹介する。

10位:プレミアムミドルセダンのインプレッサG4(スバル)

優れた安全装備と基本性能の高さが魅力の「インプレッサG4」。

3ナンバーサイズのミドルセダンである。

全幅が1775mmの3ナンバーだが、取り回し性が良いのでボディの大きさを感じずに運転できて乗りやすい。

5ナンバーのコンパクトセダンのように乗りやすいプレミアムミドルセダン。

ホイールベースを長くすることで居住空間を広くしてあり、後席の足元が広いのでゆったりと座ることができる。

9位:実用性の高いセダンプリウス(トヨタ)

ハイブリッドの代表的存在「プリウス」。

世界最高峰の低燃費を誇るクルマである。

そして、国内で最も人気のあるモデルでもある。

リヤゲートが大きく開くので荷物の出し入れがしやすく、セダンの中では実用性が高い。

セダンですが走りを楽しむタイプのモデルではないので、ファミリーカーとしての人気も高い。

8位:トヨタといえばカローラ(トヨタ)

トヨタといえばカローラ!というイメージを持っている人も多い。

カローラは大衆車である。

走行性もデザインも価格も一般的、もしくはそれ以上の価値がある。

価格に対する装備や機能、居住性などが全く無駄なく作られていて無難な一台。

ハイブリッドタイプも出ていて33.8km/lとかなり燃費がいい。

これといった魅力が無く、自慢できる車ではないのですが足として使うならコスパが良く非常に優秀である。

7位:中高年憧れの一台はクラウン(トヨタ)

クラウンといえば中高年の憧れの一台。

残念ながら今の若い人には憧れの一台ではなくなってしまったがその風格、インテリアの高級感、走行性や安定感は変わらない。

ガソリン車よりも圧倒的にハイブリッド車が人気である。

アスリートハイブリッドは価格が421万円~という設定。

プリウスやカローラに比べたらやはり高い。やっぱり国産高級セダンではクラウンが強い。