女性の憧れ!仕事も恋愛も頑張る女性が主役の映画トップ5!

眠らないニューヨークの街並み 写真の権利: zoomion

http://free.gatag.net/2010/12/28/170000.html

仕事と恋愛。この2つは女性の生活から切っても切り離せないものである。

しかし仕事と恋愛の両立はなかなか難しく、仕事のせいで大事な記念日に彼に会えなかった、彼との時間を優先するあまり仕事が疎かになった、などの経験を持つ女性は少なくないだろう。

時間を割くことができず、やむなく片方を手放している女性もいるかもしれない。

 

そういう並の努力では得られないと知っているからこそ、「仕事と恋愛」を両立させている女性は、同性からの憧れの的なのだ。もちろん同性にモテる女性は異性の好感度も高い。

真摯に頑張る姿に触れるとこちらまで活力が湧いてくるようだ。

 

今回はそういう女性の生き様を手軽に楽しめるようにと厳選した映画を5つ紹介する。

仕事に恋愛にと奮闘する彼女たちの姿からはきっと前向きなパワーをもらえることだろう。

5位:男と女の不都合な真実

男と女の不都合な真実 (C)2009 Columbia Pictures Industries, Inc.. All rights reserved.

http://www.u-side.jp/ent/84/p1.html

09年公開の爆笑ラブコメディ。

敏腕TVプロデューサーのアビーは完璧な男性を求めるあまり恋愛とはご無沙汰の生活を送っている。演じているのは『幸せになるための27のドレス』のキャサリン・ハングル。お高くとまった仕切り屋だけどオチャメな部分も垣間見せてくれる可愛い女性アビーはハマり役だ。
このアビーの前に突然、理想の男性コリンが現れる。あっという間にコリンに夢中になるアビーだったが関係を進展させるキッカケをつかめない。そんな折、恋愛相談番組のパーソナリティ・マイクがアビーの番組にやってくる。


マイクの歯に衣着せぬ下品でエロい喋りで視聴率はグンとアップ。しかしアビーはおかんむりだ。
互いに嫌いあう2人であったがマイクがアビーの恋愛に口を出し始めてから少しずつ関係が変化する。マイクの指示通りに男ウケする女を演じ、見事アビーは、コリンをモノにしたのだ。
コリンと恋人関係になって喜ぶアビー。だが次第に、コリントの関係に違和感を覚えるようになっていく。一方マイクも、アビーとコリンの仲を素直に応援できない自分がいることに気づくのだった。

 

この映画のテーマは『男女間の恋愛観のズレ』
男性は恋愛は「やりたい」→「好きになる」
女性は恋愛は「好きになる」→「やりたい」
この恋愛観というかセックス感のズレを下ネタ満載で描いた王道恋愛映画である。下ネタに抵抗のない人は是非一度見て欲しい。