クロエビギナーさんにおすすめ!クロエ・グレース・モレッツの映画トップ5!

クロエ・グレース・モレッツとは

クロエ・グレース・モレッツ(Chloë Grace Moretz)をご存知だろうか?

彼女の名前を聞いてもピンとこない方も、「キック・アスの主役の子」と聞けば「ああ〜!」となるのではないだろうか。
そう、クロエ・グレース・モレッツは2010年日本公開の映画「キック・アス」の主役ヒット・ガールで一躍有名となった女の子だ。

2015年現在、若干18歳でありながら世界的知名度を誇るクロエ・グレース・モレッツ、彼女は1997年アメリカのジョージア州アトランタ出身だ。
幼少期から役者である兄の影響でモデル等の活動を行っていたが、やはり代表作は「キック・アス」ではないだろうか。
かくいう筆者もその「キック・アス」で、このとんでもなくかわいいこの子は誰なんだ!?と一瞬にして心を奪われた一人である。

男女問わず人気の高いクロエ・グレース・モレッツの魅力はやはりあの端正な顔立ちである。
ドイツ系アメリカ人の彼女は今までの主流美女のいいとこ取りをしたような、まさに「美のハイブリッド」と呼んで差し支えない現代的美女なのだ。

毎年行われている「世界で最も美しい顔」というランキングでは、2012年に4位、2013年に3位、2014年に2位という結果を納めている。
毎年一位ずつランクアップしているので、今年こそ1位を獲得してくれるのではないかと期待できる成績である。
また、2014年には「2014年の最も影響力のある25人のティーン」の一人に選ばれている。
重複になるが、既にこれだけ著名でも彼女はまだ18歳。これからの活躍が大いに楽しみな一人ではないだろうか。

そんな彼女、もちろんではあるが女優としての実力も折り紙つきである。
2005年にデビューしてからというもの、主演・助演あわせて20本以上の映画に出ており、
その出演映画のほとんどで著名な賞を受賞しているのである。
最近では色気のある女性を演じることも増えきた彼女だが、まだ幼さの残る時代の彼女も最高に魅力的だ。
ここではそんなクロエ・グレース・モレッツを「あまり知らない人」向けに、ここは押さえておいてほしい!と筆者が思う映画を5本紹介しようと思う。

5位:(500)日のサマー

第5位!「(500)日のサマー」
特に若い男女層に熱烈ファンが多いこちらの作品を5位に選ばせて頂いた。
え?出てたの?という声が聞こえてきそうだが、そう、出ていたのである。
まだ幼さの残る、美しいというよりは可愛い時代の彼女が!!
主人公トムの妹役で、トムの恋愛相談を一手に引き受ける少女である。

とにかくマセているがドキッとするような的を得た発言が面白い役柄。
情けなくて頼りない兄に淡々と的確な意見を述べる姿が印象的で、
恐ろしいことに当時たったの12歳でありながら将来美人になるのが容易に想像できたのである。

(500)日のサマーは、男サイドと女サイドのどちらの恋愛観にも共感がもてると評判の映画だ。
主人公であるトムがサマーという女性に恋をした500日間をリズミカルかつコミカルに描いた作品である。
実際我々が過ごす毎日のように、最低の日もあれば最高の日もある500日間を
わざとらしいほどの緩急で面白おかしく且つジーンとする場面も見事に描いている。
筆者もお気に入りの作品である。

今回はクロエ・グレース・モレッツが出ている映画の紹介なので
脇役である点と出演量から5位にさせて頂いたが、
一作品として非常におすすめなので興味がある方は是非見てみて欲しい一本である。