初心者からプロまで!大人におすすめな色鉛筆5選!

色鉛筆

色鉛筆は初心者でも使える一方で、色鉛筆を極めようと思えば「色鉛筆画」という世界もあり、その道のプロも使用する道具でもある。色鉛筆は文房具屋さんに行けばまず間違いなく購入することができるが、見た目は同じような色鉛筆が多い。
違いがよくわからないからこそ、情報を収集することが良い色鉛筆を購入するための第一歩になる。
プロが愛用し、初心者でも描きやすい色鉛筆を集めてみた。これであなたも色鉛筆画のスペシャリストの仲間入りだ。

5位:カランダッシュ スプラカラーソフト

スイスのブランド色鉛筆といえば「カラン ダッシュ」だ。ブランド物とだけあってプロ向けかといったらそうではない。初心者にも向いている色鉛筆も取りそろえていて、カッコよさと実用性を兼ね備えているところが面白い。

その中でも「スプラカラーソフト」は、趣味で色鉛筆を楽しみたい方にも向いている。水溶性のため溶かしての使用も可能なため、表現の幅が広がる。

単色でも買い求めができるため、一色を切らしてしまったときも安心だ。

「いや、たくさんの種類があれば単色を買い求めなくてもいいはずだ」とお考えの方。安心してください。

セット販売も行っており、12本セットから120本セットまで用意されている。120本もどうやって使い切るのだろうかと疑問も感じるが、プロの方はその使い方を心得ているのだろう。

もちろん初心者が120本セットをそろえるのも一種の満足感を手にすることができる。

4位:Lyra/リラ社 色鉛筆ファルビー

創業200年以上の歴史があるリラ社には鉛筆づくりのプロフェッショナルがつどう。
握りやすさはバツグンで、三角形の独特の形がグリップ性能をアップさせている。そのため長時間使用しても疲れないという驚きの効果があるが、現代生理学をヒントに作り上げたグリップは従来の鉛筆よりも握る力が3割ほど減少するというデータもある。
描き心地はなめらかで、それは品質の高い顔料を使用していることによる。高齢の方にもお自信を持ってオススメできる逸品だ。
カラーバリエーションはやや少なめだが、初心者には36本セットでも十分すぎるだろう。プロの方は逆に腕の見せ所かもしれない。色鉛筆でも絵具のように色を合わせて別の色を表現する技法を用いれば、色の表現は無限に広がる。
やさしいタッチの表現をしたい方にはぜひオススメしたい。
4色が1本の芯になっている変わった色鉛筆もあり、遊び心をくすぐってくれる。