コンビニ店員との恋!成功する?仲良くなる方法7選!

コンビニ店員との恋

恋とはどこに転がっているのか分からないもので、普段何気なく足を運ぶコンビニにも潜んでいる。

コンビニで接客する店員も1人の人間のため、客として通っていたら気づけば好きになっていたこともあるだろう。

コンビニ店員の中には、接客のプロとしてどの客が何を購入するのか完璧に把握し、頼まれる前にサッと用意する機敏な動きをするツワモノもいる。

そんな華麗な手さばきをきっかけに、何か特別な感情が湧きあがり、どうしたら仲良くなれるのか悶々とする日々を送る人もいるかもしれない。

しかし、立場は店員と客だ。店員に恋をしたとしても、接せられる時間は商品を購入する際のほんのわずかな時間だけだ。

中々チャンスを掴むことが難しい恋だからこそ、成功に結び付けたい人にコンビニ店員と仲良くなる方法7選を紹介していく。

7位:コンビニ店員に一目惚れしたら‥?

コンビニは店舗数が多いこともあり、手軽に利用できる店でもあるが、店によって働いている人間は異なる。

何となく入店した場所に目と目が合っただけで一目惚れしてしまうシチュエーションもあるだろう。

これは一目惚れを経験した人なら分かると思うが、一目惚れすると体全身に電気が走った感覚に陥る。

ただ、相手は接客のプロでもあり、様々な業務をこなす相容れぬ存在だ。店員同士であれば接点も多く確保できるが、客と店員とでは難易度はグッと上がる。

店員を好きになったらすぐにでもアタックしたい人もいるかもしれないが、1つ注意したいのは仲も深めていない状態での過剰なアピールはしないことだ。

店員は一目惚れしたあなたを数多くの客として認識しているため、初めは会話の回数を増やすことだ。

コンビニに用事がある際は必ず一目惚れした店員がいる店に行き、可能であれば金額が小さいものでも頻繁に通う常連客になることが重要だ。

交わす内容は少なくても何度も顔を合わせる頻度を高めることで店員も警戒心が取れ、親近感を感じるようになる。

6位:客として行ってもコンビニ店員に恋の気持ちは伝わる

恋愛に消極的なタイプの人間は、難易度の高い恋愛に立ち向かっていくことを初めから諦める人が多い。

「立場が違うし、どうせうまくいかないだろうな」と考え、人見知りの性格であればなおさら声をかけることすらしないだろう。

しかし、例え立場は違っても誰かに好意を持たれることは嫌な感情には滅多にならない。

好意を持たれる=認められるといったことになるため、人は無意識に喜びを感じる。恋していることを伝え、万一断られたとしても好意を寄せる店員には充分気持ちが伝わっているはずだ。

しかし、告白し、一度断られてもそれで終わりではない。

本気でモノにしたいのであれば、断られても何度も立ち向かっていくことが大切だ。

相手も告白させれればあなたのことを考えるようになる。

考える時間が多いほど、あなたが店員の思考を独占していることになるため、恋している気持ちが伝わりやすくなるだろう。