真似したくなる外国人のかっこいい名前トップ5!

かっこいい名前

自分の子供にはかっこいい名前をつけてあげたい! その気持ちは日本でも外国でも変わらない。

日本人が漢字一つ一つに意味を込めて名前を決めるように、外国人もまた名前にメッセージを込めて息子に送り出すのだ。

例えばリチャードという名前がある。アメリカでは比較的ポピュラーな名前だが、これには「勇気のあるリーダー」という意味がある。

同じようにカルロスという名前には「男らしく力強い」という意味が込められている。

このように外国人の名前にもその意味を知ることでより一層かっこよく感じられる名前がたくさんある。

そこで今回は意味も響きもかっこいい外国人の名前をランキング形式でお伝えしようと思う。

国際結婚を目指している方は是非とも参考にしてほしい。

5位:セバスチャン

5位はセバスチャン。主にヨーロッパでよく見られる名前だ。

語呂もよく、日本人の感性からしてもかっこいい名前だが、この名前には深い意味がある。

まず由来はというと、3世紀のローマ帝国聖人、セバスティアヌスにまで遡る。セバスティアヌスは無数の矢に体を射られても息絶えることがなかったため、守護聖人として崇められるようになったといわれている。

そんなセバスティアヌスの背景から、セバスチャンという名前には「尊敬されるべきもの」という意味が備わっているというのだ。

ちなみに日本ではよく執事の名前として採用されることが多い。主を守るべき立場であることから守護聖人であるセバスティアヌスに肖っているということなのだろう。

4位:ルーカス

4位にはルーカスという名前が入った。外国での人気名前ランキングでも常に上位に入る名前である。

由来は新約聖書に登場する聖人、ルカ。そして名前の意味は「光を運ぶ者」である。

恐らく世界で最も有名なルーカスといえばあのスターウォーズの監督であるジョージ・ルーカスであろう。

そのスターウォーズの主人公の名前はルーク・スカイウォーカーだが、ルークという名前も外国では常に人気の名前だ。

そしてそのルークという名前の意味も「光を運ぶ者」であるが、ルーカス自身が意図してそう名付けたのかは定かではない。