かっこいいアニメのタトゥー トップ5!

アニメのタトゥー

皆さんは「痛トゥー」をご存じだろうか。
人気のアニメキャラクターを、車にデザインする痛車と同じく、好きなアニメキャラクターを入れ墨する事を「痛トゥー」と呼ぶ。
そのキャラクターは様々で、世界的人気のディズニーキャラクターから始めジブリ・アメコミ・萌えアニメ・ゲームキャラクターと幅広いデザインがある。
「痛トゥー」の特徴は、色鮮やかな作品が多い事と、「萌え」を強調する作品が少ない事。
アニメのキャラクターを彫るので、必然的に色鮮やかになるのは勿論だが、既存のキャラクターに彫り師が独自に手を加え、よりアーティスティックに変化させていることが多い。
やはり、「簡単には変えられない」のがタトゥーなので、彫る側のセンスもそうだが、彫り師のクオリティもかなり重要視される。
キャラクターを再現する事から始め、色使いや構成等は、彫り師の腕の見せ所と言って良いだろう。

次に「萌え」をそこまで協調してこない事。
やはり、肌に直接彫る「痛トゥー」は、元々既存のキャラクターを作品にするために、彫り師が手を加える。
自己の表現として少々マッドテイストを含むものが多く、「可愛い」・「萌え」よりも、「かっこいい」・「独自性」を主張する作品が必然的に多くなるのだろう。
今回は、そんな中でもクオリティが高く、センスの良い、かっこいい「痛トゥー」をご紹介したい。
鮮やかに映える、アーティスティックな作品をご覧いただこう。

5位:トトロ

ジブリ映画でおなじみの「トトロ」

今でも、TVで放送されると高視聴率を取り、グッズの展開も多い国民的キャラクターだ。

今回、そのトトロの可愛さはそのままに、アーティスティックに色付けしたタトゥーがある。

絵の具混ぜ合わせたような、幻想的な色使いが得意なのが、ロシアのタトゥーアーティスト「アントン・イエロードッグ」

コミカルで、ポップなキャラクターを得意とし、その色使いでアート性を高めている。

ジブリ作品も多数手がけており、今人気のタトゥーアーティストだ。

にじみ出るような、透明感のあるカラーリングは神秘性さえ感じられる。

その色使いと、ジブリキャラクターが良い反応をおこし、まるでこれから物語が始まるようである。

アニメをタトゥーとするときに、キャラを少し崩すタトゥーアーティストも多い中、アントン・イエロードッグは「アニメの世界観を守っている」事も人気の理由ではないだろうか。

4位:ポケットモンスター

世界で大人気のポケットモンスターは、大人にも人気。

ポケットモンスター初代で初めてもらえるポケモンは「ヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネ」

これは「火・水・草」の属性である。

「火は草に強く、草は水に強く、水は火に強い」

この関係性を、ポイントとして彫ったタトゥーはセンスの良さを感じる。

キャラクター自体は手を加えているが、重要な属性はしっかりと押さえてある。

パッと見はわからないが、よく見るとポケットモンスターという細工の仕方は、彫る人のセンスの良さがよくわかる。