言い方がかわいい博多弁の告白セリフ10選!

可愛い博多弁

告白を方言で言われるととても可愛く聞こえてしまう。男なら可愛い女子に、方言で好きといってもらいたいと考える人も多いのではないだろうか。そんな方言の中でも、人気が高いのが博多弁。博多弁はどんな表現になるのか、キョ見もある人もいると思う。今回は、博多弁の可愛い告白台詞について調べていく。これをきっかけに、博多弁女子と付き合いたいと思うかも知れない。

10位:博多弁が人気の理由。なぜ可愛く聞こえてしまうのか

博多弁が可愛い、特に男性には人気な方言であるが、なぜ人気なのだろうか。その理由が、語尾に「と」をつけるところにあるようだ。「何しよっと?」「どげんしたと?」というように語尾につく文字が「と」になるだけで、印象が優しくかわいらしく感じることが大きな理由のようだ。

9位:博多弁の告白。好きになってしまうセリフ

「私の気持ち教えちゃあ」こんな告白台詞がある。意味は「私の気持ちを教えてあげる」だ。「~しちゃあ」は博多女史が良く使う方言で、少し上からいう時に使う方言でもある。

8位:ずっと好いとったよ。好きの使い方

博多の方言では、「好き」のことを「好いとう」と表現する。「~しとう」が「~している」の意味で、「好いとう」は「好きでいるよ」という意味になる。独特の言い回しだが、男子の心をくすぐる言葉だ。

7位:~ちゃ。~とったっちゃん。可愛い言い回し

博多弁には、「~やったっちゃん」といった表現がある。「ずっと好きやったっちゃん」という表現は、「好きだったんだよ」という意味で、~ちゃんといった断定をしながらも女性らしくかわいらしい表現がある。