仲が悪いと言われている芸人コンビトップ5!

コンビ仲が悪いと噂されている芸人コンビ

芸人コンビは数多くいるが、その活動やコンビの仲の良さは様々だ。

今回は仲が悪いと言われているお笑い芸人コンビをランキング形式で紹介していく。

コンビ仲が悪いとしても、仕事さえきちんとこなせば長く活躍する場合もある。逆に仲が良くても売れないケースも多々存在する。コンビにより千差万別だ。

ちなみに今回のランキングに入らない「仲が良い」と言われているコンビはおぎやはぎ、バナナマン、くりぃむしちゅー、さまーずなど。

これらの芸人コンビにはコンビ愛が伝わるエピソードが数多く存在する。

コンビ仲が悪いと噂されていても、続いているグループはなんだかんだで互いへのリスペクトや信頼が根底にはあるのがほとんどだ。

本当に不仲だとWコロンのように解散する。

5位:オリエンタルラジオ

オリラジは実際不仲の時期があったグループだ。

オリラジことオリエンタルラジオは2003年に結成。

吉本のNSC10期生にあたり、同期にはんにゃやフルーツポンチがいる。

2005年にデビューし、武勇伝のリズムネタで一躍人気となる。この当時を振り返り、オリエンタルラジオの二人はともに「天狗だった」と言う。デビューしてすぐ売れてしまったので、色々な待遇の良さを特別だと思わずに当たり前のことだと思っていたという。

2007年8月のラジオ番組でオリラジ二人の口論が発生する。これが不仲説が出るきっかけとなった出来事だ。

実際、この当時の二人は仲が悪くしょっちゅう口論になっていたのだという。

2015年に入り、8.6秒バズーカーのラッスンゴレライ完コピで再び注目を集めたオリエンタルラジオ。

そんなオリラジは一時期の不仲は乗り越えたのではないかと言われている。