パニック障害を克服した芸能人トップ5!

パニック障害という病気がネットや報道で話題になることがある。

突然感じられる激しい動悸や発汗や頻脈、体のふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいが主なパニック障害の症状。

パニック障害が発症すると、本人はこのままでは死んでしまうというような不安感に襲われるそうだ。

ただ、医者の診察を受ける頃には、パニック障害の症状は治まり、検査しても異常がないのが特徴だ。

体内にある恐怖や不安に関係している神経伝達物質をノルアドレナリンと呼び、興奮を抑える神経伝達物質をセロトニンと呼ぶ。

 

►統合失調症と噂されている芸能人トップ5!

 

パニック障害はノルアドレナリンとセロトニンの均衡が崩れると発症すると考えられている。

芸能界でもこのパニック障害に悩む人も多く、今回は、パニック障害を克服した芸能人トップ5を紹介する。

病気を克服し活躍する姿を見せることで、多くの人に元気を与えている芸能人を尊敬してやまない。

 

今回紹介する有名人の他に、うつ病を克服した芸能人アスペルガー症候群と言われている有名人なども存在する。そちらも合わせ見て欲しい。

 

5位:パニック障害を克服したIKKO

30代後半の頃にパニック障害を発症したと語る美容家のIKKOは、パニック障害に悩む芸能人の一人だった。

30代でヘアメイクの個人事務所を立ち上げ、経営者としての、責任の重さがIKKOにのしかかり、パニック障害を発症したという。

IKKOのパニック障害の症状は、過呼吸が始まり、それが引き金となり、パニック障害へ移行する。

美容家としての活躍とは裏腹に、IKKOの症状はどんどん悪化していった。

ただ、IKKOには、心配してくれる知人がいて、パニック障害に悩むIKKOに「リラックスをして、身体の力を抜いてください」とアドバイスしてくれた。

また、IKKO自身も仕事一辺倒の生活を見直し、ウォーキングして気分転換して、心にゆとりを持つように心がけた。

このことにより、IKKOはパニック障害を克服したという。