初心者に聞いてほしいUVERworldのおすすめの曲トップ5!

UVERworldとは

UVERworldは、滋賀県出身のロックバンドである。

2000年に結成され、2005年にメジャーデビューを果たしている。

インディーズ時代は6人であったがデビュー時に事務所の方針で5人になり、サックスを担当していたSEIKAはサポートメンバーとなった。

しかし、2014年に正式にメンバーとして加入し現在は当初のような6人体制をとっている。

UVERworldの楽曲の多くはボーカルのTAKUYA∞が作詞作曲を手掛けている。

現在はテレビには出ずにLIVE活動が中心となっている。2015年には京セラドームでのLIVEを行うなど、人気は右肩上がりなことが伺える。

彼らの楽曲の多くは夢についてを熱くうたっており若者から絶大な支持をうけている。

熱いばかりではなくラブソングを切なく奏でることも出来るバンドなので、ロックに免疫がない人も入りやすいと思う。

今回はUVERworldをまだ知らないという人に向けて是非聴いてほしいおすすめn曲をセレクトしている。

この5曲さえ聴けば彼らの魅力を少し知ることが出来るので是非きっかけとして聴いてもらいたい。

5位:CORE PRIDE

CORE PRIDEは、2011年に19枚目のシングルとしてリリースされた曲である。

この曲のキャッチコピーは『死にものぐるいで 未来を変えてやる』で、曲中にもこの詞が入っている。

アニメ「青の祓魔師」のオープニングテーマに起用されており、アニメファンからも多くの人気と支持を集めた。

夢へと向かう気持ち、大人になっていく心、仲間との絆といったことが描かれておりかなり熱い楽曲だ。

男気と友情について歌うUVERworldらしさに溢れた一曲なのではないだろうか。

所々はいるサッケスの音がとてもかっこよく、歌詞だけでなくサウンドも刺激的だ。

メッセージ性がとても強いので何度でも聴いてしまうに違いない。

夢に立ち向かっていくときに聴きたい曲だ。