買う前に知っておきたい!レディース用バッグの種類15選!

ルイヴィトンのトートバッグ

良質なレディースバッグを紹介

バッグにも様々な種類がある。トートバッグからショルダーバッグ、ボストンバッグなど。例えば、買い物や近所に出かける時はトートバッグのような物が最適だが、遠方に旅行する時などはボストンバッグのような大きな物が理想的だ。また、ちょっと友人に会う時などは、ショルダーバッグの軽装さも魅力となる。

そして、せっかくなら一生使えるブランド物の商品を購入した方が、長持ちする。価格が安いものでも良いデザインはあるのだが、傷みやすく、すぐに使えなくなってしまう。高級ブランドのバッグなら、傷みが生じてもそれが味となり魅力に見える。ここでは、そんな良質なバッグをいくつかの種類に分けて紹介していきたい。

【みんなに読まれてます】

15位:大人気!ルイヴィトンのレディースバッグ(種類:モノグラム)

ルイヴィトンのモノグラムデザインバッグ

ルイヴィトンと言えば、このモノグラムのマークだ。こちらのバッグはデザインも王道であり、これぞルイヴィトンという一品である。これを持ち歩けば必ずうらやましがられ、周囲から注目を浴びることは間違いない。

ルイヴィトンのバッグは頑丈なので、ちょっとやそっとのことでは傷がつかない。もっと言えば、型崩れすることすら珍しいのだ。

仮に傷がついたとしても、他のバッグなら買い替えを検討するところ、ルイヴィトンのバッグならそれも味だなと許容できる。というより、その傷すら愛おしく思えるような、共に歩んできた勲章のように感じられるのがルイヴィトンだ。

また、バッグの取っ手の部分は、長期間使用してくると飴色に変化するのもルイヴィトンの魅力だ。最初は白っぽい色をしているが、これが経年と共に飴色に変化し、ルイヴィトンの魅力を際立たせる。おすすめの商品だ。

14位:王道の名前のバッグが欲しいならルイヴィトン!(種類:ダミエ)

ルイヴィトンのダミエデザインバッグ

ダミエもルイヴィトンではモノグラムと双璧をなす模様であり、近年では特に人気が上昇している。よりルイヴィトンぽいモノグラムを好む人もいれば、よりスタイリッシュなダミエを好む人もいる。どちらがいいかは完全に好みであり、自分のセンスや目的によって選べば良い。

ダミエの方は、男性でも身につけている人が多い。男性視点では、モノグラムの感じよりもダミエの感じの方が身につけやすいのだろう。そのため、よりスタイリッシュにきめたい女性にもダミエはおすすめ。モノグラムだと、どうしてもコンサバティブな印象を与えるが、ダミエはよりファッショナブルに楽しむことができる。

13位:旅行におすすめ!ルイヴィトンのボストンバッグ(種類モノグラム)

ルイヴィトンのボストンバッグルイヴィトンのボストンバッグは、旅行のお供に是非ともおすすめしたい。何故かと言えば、丈夫なことはもちろんだが、旅先で人が大事にしてくれるということもある。ルイヴィトンをもっているお客様だから、丁重に扱わねばならないという意識が働くのだろう。

旅行をしていても、ルイヴィトンを持ち歩いていたら、むげには扱えない。周りは適切に気をつかってくれ、気持ちよく旅行することができる。その満足度もさることながら、やはりルイヴィトンのボストンバッグの品物の良さも気持ちを助長し、旅行をよりリッチな気分にさせてくれる。