ハロウィンの人気コスプレ・仮装ランキングトップ10!

日本でも徐々に定着してきているハロウィン。10月31日に行われるハロウィンは、元々悪魔祓いや収穫への感謝などを祝うケルトの宗教祭りが発祥だが、今では世界中で人気であり、ハロウィンといえばの仮装(コスプレ)する日となっている。

日本にハロウィンのイベント習慣が持ちこまれたのは近年で、これもやはりバレンタインなどと同じく商売上のウリであるとも言える。

しかし、どうせ輸入されたものと思わず、乗っかってしまえば楽しいものである。

コスプレは特定の人々には普段から親しまれているが、そうではない人には興味があっても恥ずかしさが先に立ってしまう。そんな人にはハロウィンの習慣はありがたいものだろう。“ハロウィンだから”という言い訳で日頃はできない仮装(コスプレ)もできる。

海外滞在中のハロウィンの夜、道を聞こうとたまたま近くにいたパトカーに近づくと、窓から顔を出した警察官がゾンビのメイクをしていて心臓が飛び出そうになったことがある。そういう町ぐるみで全力でイベントを楽しむところはある意味見習いたいところ。ストレス過多の日本人だからこそこういったイベントで息抜きしてはどうだろうか。

仮装(コスプレ)にはたいてい誰もがひと目で分かるものに扮するが、定番からその年の人気の仮装(コスプレ)までバリエーションは幅広い。そこで、今年人気のものから定番ものなどをおすすめの順にランキングにして紹介していく。

カップルでハロウィンを楽しむ予定の人は、カップルでお揃いのハロウィン衣装を着て楽しんでみてはいかがだろうか?

 

【こちらも読まれています】
 

クリスマスに見たいおすすめの映画ランキングトップ5!

おすすめの面白いゾンビコメディ映画ベスト5!

ここで間違いなし!東京ディズニーシーおすすめレストラントップ5!

 

10位:ジブリキャラクター

たいていの人が一度は見たことがあるだろう作品ばかりのジブリ。その人気は世界規模で、海外のハロウィンのコスプレ(仮装)でも必ずジブリキャラクターの仮装をしている人がいる。

人気はわりと分散されているが、マネしやすい個性的なキャラクターの方が数は多く見かける。例えば『もののけ姫』のサンやアシタカ、『ハウルの動く城』のソフィやハウルなど。

キャラクターとしては『となりのトトロ』のメイや『崖の上のポニョ』のポニョもかわいいのだが、一見して分かりづらいのが残念なところ。

『千と千尋の神隠し』のカオナシや『となりのトトロ』のまっくろくろすけなど人間ではないキャラクターの仮装などをする人もいて、これがハロウィンのダークな雰囲気にはある意味ぴったりなのである。

ジブリキャラクターのコスプレ(仮装)の衣装はそう多くは販売されておらず、自作が基本となるのだけは難であるが、それだけにジブリ愛が強ければかなりいい出来になることもある。コスプレとして各作品の画像が紹介されていたりもするので参考にしたい。

9位:赤ずきん

グリム童話はホラーな作品が多く見られるが、『赤ずきん』もまたそのひとつ。狼がおばあちゃんのふりをして、すでに食べたおばあちゃんに続いて赤ずきんを食べてしまうも、二人は狼の腹から生きたままで出てくる。かなりのホラーである。そんなちょっとしたダークな雰囲気がハロウィンに合うのか、赤ずきんはコスプレ(仮装)の定番となっている。『赤ずきん』を題材にした映画などもあり、童話や絵本だけに関わらず定期的に『赤ずきん』のスタイルを目にするからかもしれない。

赤ずきんのコスプレ(仮装)は赤いずきんということしか定番アイテムがないので、フリフリのスタイルに合わせたり長いマント状の赤ずきんであったりアレンジはさまざま。赤ずきんの少女になりすました狼、などというのもあってやりたい放題である。

しかし、たいしてアイテムは必要ないのに目立つのは確か。赤は目を引くし、小さい子供であればカゴを持たせるなどすれば可愛らしく、絵になる。

同じくグリム童話からハロウィン用のコスプレ(仮装)アイデアを得るなら『白雪姫』や『長靴をはいた猫』、ディズニーでも有名な『ラプンツェル』もおすすめ。

8位:キキ 『魔女の宅急便』

ハロウィンといえば昔から定番の仮装は魔女である。リアルな魔女は正直ちょっと怖い。しかし『魔女の宅急便』の“キキ”なら同じ魔女でも可愛らしいイメージで、子供も参加するパーティなら怖がられずに済むだろう。子供の頃に観てからずっとこの作品のファンという人も多く、“キキ”は大人の女性にも人気がある。

キキスタイルになるための3大アイテムは“大きな赤いリボン・黒いワンピース・ほうき”である。3大アイテムというよりはもうこれで完成なのだが。細かなこだわりを言えば、しっかりリボンはふっくらと膨らませ、ワンピースの袖や裾の丈にも注目したい。真っ黒というよりは少し紫がかった黒なのでダブルガーゼかリネン生地がいいだろう。ほうきは作るよりも買った方が早いだろう。ホームセンターなどで似たものが手に入る。

ここまで細かくこだわるのは筆者がこの作品のファンであり、ハロウィンパーティで実際に仮装した経験からである。市販されていた黒猫のジジのぬいぐるみに針金を取りつけて肩に乗せて。ジブリ作品は海外でも人気が高く、パーティ参加者も皆知っていたので大変喜ばれた。とりわけ小さな女の子がやると可愛いのでおすすめしたい。

 

7位:ヒーロー&テレビアニメキャラクター

男性ならば、子供の頃に一度はなにかのヒーローに憧れたのではないだろうか。いや、今もやっぱりヒーローものを見るとわくわくする、という人も多いかもしれない。ヒーロー願望、女性ならばプリンセス願望などは意外に消え去らないものである。

海外のハロウィンでもヒーローものの仮装はけっこう多く、本格的なものはかなり注目を集め、ファンからは称賛される。人気があるのはスパイダーマン、バットマン、あとはスーパーマンなど。スパイダーマンは日本のコスプレでも人気。これらは有名なのでひと目見れば分かりやすく、日本でも見かける。しかし、せっかくなので日本のヒーローの仮装にもぜひチャレンジしてもらいたい。

有名なところでいけば、ウルトラマン、仮面ライダー、ガンダムなどになるか。テレビアニメのキャラクターならば『ONE PIECE』のルフィや、最近のものならば『進撃の巨人』などがおすすめ。小さい子供なら『妖怪ウォッチ』のキャラクターならハロウィンパーティでかぶる可能性も高いが人気者間違いなし。

人気アニメの多い日本だからこそキャラクターも選びたい放題である。

6位:アリス 『不思議の国のアリス』

童話や児童小説で定評のあるイギリスで150年近く前に生まれた『不思議の国のアリス』は絵本やアニメ映画などによって世界中で知られている。ちょっと怖いような不思議な世界のキャラクターはファンが多く、誰が見ても分かりやすいことからハロウィンのコスプレ(仮装)では定番ながら人気がある。アリスだけに限らず、三月うさぎに帽子屋、チェシャ猫なども愛されている。

アリスのワンピースはそもそもの挿絵はモノクロで、その後の絵本などではじつは赤や紫、柄ものなど色々あるのだが、“アリスのコスプレ(仮装)”と定番になっているのは青いワンピースである。これは1951年に出たディズニー映画のアリスが青いワンピースを着ていたからで、ディズニーの影響力の強さを感じる。

アリススタイルの3大アイテムは“青いワンピース、白いエプロン、黒いリボン”である。もっと言えば白タイツにブロンドのカツラ、黒いストラップシューズ。有名キャラクターなので、子供用も大人用もセットで販売されていたりしてお手軽にコスプレ(仮装)できるので便利でおすすめ。