4位:ロボロフスキーハムスター【特徴:値段2000円ぐらい・ケージ小OK・毛色種類豊富・性格臆病おとなしすぎる】

ロボ画像

https://matome.naver.jp/odai/2141743818371371901/2141744285577467803

ロボロフスキーハムスターの魅力は何といってもその見た目の可愛らしさ!筆者もペットショップで初めてロボロフスキーに出会ったとき、ハートを奪われてしまった。大きさとしては、ここで紹介したハムスターの中で一番小さくてキュート♡

ただ、筆者がいまだにロボロフスキーに挑戦していない理由は以下にある。

まず、あまりにおとなしすぎるということ。やたらと臆病な性格なので、まず人に懐くことはないらしいのだ。手に乗せようにもその高い身体能力をいかして動き回ってなかなか捕まえられないかも。そのため、ハムスターと触れ合いたい願望がある人には絶対におすすめできない。

3位:チャイニーズハムスター【特徴:値段3000円ぐらい・ケージ大が無難・毛色ノーマルorシルバー・性格おとなしい】

チャイニーズハムスター画像

https://matome.naver.jp/odai/2147720419693980101/2147720495995492303

チャイニーズハムスターの体長は9~12㎝と小さく、いわゆるジャンガリアンなどと同様にドワーフハムスターの領域に入る。ジャンガリアンとの見た目の違いは、しっぽの長さとスレンダーさ。チャイニーズハムスターは、性格が穏やかで人にも慣れやすく、個体の大きさも小さいので比較的飼いやすいハムスターらしいのだが、筆者としてはそのしっぽの長さがネズミを連想させるためちょっと苦手で飼育したことは未だにない。

チャイニーズハムスターもその飼いやすさから人気で、ペットショップでも比較的簡単に手に入る。ただ価格帯は3000円前後とやや高額にはなる。人とは違ったハムスターを飼いたいという欲求があり、さらに、ハムスターと仲良く触れ合いたいという人には最適。

ちなみに、ケージ大が無難としたのは、動きが素早いため動き回るスペースをある程度確保したほうが良いと思ったからだ。小さいケージでも飼うことは可能である。

また、チャイニーズハムスターは他のハムスターよりも高低差を気にしないところがあるようなので、高いところへ上って落下という事故にも気を付けた方がいいい。

著者情報

rikanoko

漫画やアニメ、さらには映画やドラマなどサブカル大好き女子です☆ しかし!サブカルに目覚めたのは、2015年になってから。 実は以前は小説にしか興味のない眼鏡女子でした。 遅咲きサブカル女が独自の視点でいろんな情報を提供します☆