一緒に働きたくない!よくある嫌いな上司の特徴トップ5!

嫌な上司

会社の上司によるパワーハラスメントが大きな社会問題になり、その撲滅が叫ばれている。
パワハラまでいかなくても、上司の無神経な言動が、部下をムカつかせて
仕事へのモチベーションを下げてしまうことがよくあるのだ。

それがエスカレートすると、部下はウザイと感じ始めて上司が嫌いになり、
やがて一緒に働きたくないところまでいってしまうだろう。

そんな上司に共通する特徴は、感情的で人の話に耳を貸さず、失敗を人のせいにし、
人を評価できないタイプが多いようである。

ここでは、一緒に働きたくない!よくある嫌いな上司の特徴トップ5!をご紹介する。

5位:人をちゃんと評価できない上司

「企業は人なり」と言う。いかに優れた人材を育てるかでその会社の将来が決まるということだ。
その基本にある考えは、いいものはいい、悪いものは悪いと的確に評価する信賞必罰の原則だ。

功績のあった者にはそれ相応の賞を与え、罪を犯した者には罰を、というこのシンプルな原則が
機能しないと組織はおかしくなってしまう。

社員は会社のため、自分のために懸命に働く。しかし上司がそれを認め、評価しない、
あるいはできない人だったらどうだろう。社員はムカついて、チョーうざい、使えないヤツだね
となってモチベーションは下がり、やがてこんな上司とは一緒に働きたくない、と思うようになるに違いない。

人をほめて、評価できない上司―よくある嫌いな上司の特徴なのだ。

4位:ミスを指摘して、どうすべきか指導できない上司

現場ではミスがつきものである。その時、上司はどう動くか。部下はそれをよく見ているものだ。
そして上司の能力を判断するのである。

普通、ミスが起きた場合、上司はどこがどう違うかまず現状を把握する。
それから、どう対処すべきか判断して次の一手を指示するのだ。

ところが、力のない上司は「ミス」と聞いただけでパニクリ、「今、何をすべきか」にはじまり
「次の一手」まで自分がやるべきことが分からなくなってしまう。
だから、次の一手に対して上司として方向を示したり、指導することができない。

そんな上司にムカつき、ウザイと思った部下は自分がみじめになって、使えないと判断。
最後は一緒に働きたくないと思ってしまうのだ。嫌いな上司によくある特徴である。