昔を思い出す!懐かしの人気駄菓子ランキングトップ7!

昭和の駄菓子屋の画像

http://www.hamamachi.jp

子供の頃、学校が終わると必ず近所の駄菓子屋に寄り道しては、お気に入りの駄菓子を買い夕暮れまで遊んだ。

「駄菓子」…それは、もはや日本の文化と言っても過言ではない。 

しかし、ポテトチップスやおしゃれな海外のお菓子などの人気に影をひそめ、一時、駄菓子屋は町から姿を消してしまった…。

が、近年、大型ショッピングモールでの出店や駄菓子バーなどの出現により、駄菓子は再び注目を集めている。 

世代を超え愛された、懐かしの昭和菓子。

ここでは、そんな駄菓子をランキング形式でご紹介しよう!きっと「コレ懐かし~!!」と思う商品があるはずだ!

7位:懐かしい!駄菓子といえばコレ!みんな大好き”きなこ棒”

きなこ棒の画像

http://www.tokyo-ya.jp

こちらは西島製菓さんのどりこ飴本舗”きなこ棒”。

砂糖や水飴などを練り合わせて棒状にし、きな粉をまぶした昔ながらの駄菓子である。 

きなこ棒を食べた後に残った爪楊枝に、赤い印などが入っていることがあり、それを店員に渡すともう一本食べられる。

今でも当たりがでると嬉しい気分になれる。 

また「冷凍庫に入れてアイスキャンデーのようにして食べると和風アイスっぽくておいしい」など、アレンジによって様々な楽しみ方があるようだ。

その為、WEBサイトでアレンジレシピが掲載されるなど、現代でも人気の高い商品となっている。

6位:女子人気抜群の駄菓子!ずばり言うわよ!”プチプチ占いチョコ”

プチプチチョコ占いの画像

http://pds.exblog.jp

準ミルクチョコレートを糖衣したボールチョコ。

チョコレートの色は赤・オレンジ・黄・緑色の四種類がランダムで配置されているが、着色料の違いがあるのみで味は同じである。

内容量は18粒。駄菓子屋を舞台にした漫画作品「がだしかし」中にも登場している人気商品である。 

その名の通り、プチプチっと1粒づつ食べながら占いができる。

にんき、あそび、ともだち、れんあい…など、幼心をくすぐる記載がされており、気になる項目のチョコを食べると◎:よい/○:ややよい/△:ふつう/×:よくない と占い結果を見ることができる。 

現在では、「ぷちぷち占いイチゴミルク味」「プチプチ占いチョコバナナ味」などバラエティ豊かに進化しているようだ。 

5位:10円で買える駄菓子の定番!”こんにゃくスティックゼリー”

スティックこんにゃくゼリーの画像

http://www.tokyo-ya.jp

1本10円という驚きに低価格で子供たちの心を鷲づかみにした、駄菓子の定番”スティックゼリー”。

こんにゃくゼリー特有の食べごたえのある”ぷるっ”とした食感がクセになる。

このショッキングカラーな見た目から、どちらかと言えば女子に人気の高い商品である。 

このスティックゼリーは凍らせてこそ真価を発揮する。食べ方は次の通りである。 

学校帰り、近所の駄菓子屋に寄り、遊び場から一番近くの家の子の冷凍庫で冷やす。

遊んだあと、汗を流しながら取りに戻り、丁度良い感じで凍っているスティックゼリーを食べる!これが…とにかく美味い! 

現在は、果汁入りやナタデココ入りなど、バラエティに富んだ商品となっている。

オススメはブルーカラー。

「幼い頃このゼリーを年間、一体何百本消費していただろう…」と、今になって心配になるくらい筆者がお世話になった駄菓子の一つである。