華原朋美は今現在何してる?生い立ちから過去の休養騒動などの情報5選!

華原朋美とは

今回は1990年代中盤から歌手として大ヒットした華原朋美さんを追ってみようと思う。

華原朋美さんは、透き通るようなミックスボイスで聴く人を魅了する歌手である。

ハイトーンのメロディも、伸びのある声でしなやかに歌い上げてしまう、天性のセンスを持った女性だが、繊細な声の持ち主であると同時に心もとてもナイーブで、今までの人生で色々な事を経験し、苦労し、一度は芸能界から姿を消してしまったのだが、最近再び活動をするようになった。

1990年代に活躍した歌手なので、そこそこ歳も重ねているはずなのだが、持ち前のストイックさで若さをキープしている。

沢山傷つき、色々な苦悩を乗り越え、更に輝きを増すようになった彼女の生い立ちから現在までを紹介したい。

5位:華原朋美は幼少期も美少女だった!

小さい頃から、かなりの美少女だった華原朋美さんは、1974年8月17日生まれの歌手である。

本名は「下河原 朋美」(しもがわら ともみ)で、生まれは東京都江東区で、千葉県浦安市で育った。

千葉県「昭和学院小学校」(私立)、私立松蔭中学校、高等学校を卒業。趣味は乗馬で、高校時代に国体で4位入賞の経験があり、かなりの腕前なのである。

 

さらに最近では2016年10月に開催された国内の馬術の大会である「ジャパンオープン」優勝したのだ。

2017年3月から静岡で開催される「国際馬術大会in掛川」に出場も決定しているらしい。

昔から得意な馬術だが、今でも高いレベルを維持している事に感心してしまった。きっと日々努力しているに違いない。

華原朋美さんの家庭環境はとても良く、4人兄弟の中で一人娘として生まれ、実家は会社経営をしているお嬢様である。幼少期の写真を見ても、品のある顔立ちと雰囲気で、品の良さが伝わってくる。

しかし、だからと言って決して楽な人生を歩んできたわけではなく、現在まで様々な苦労を経験した芸能人の一人なのである。

4位:華原朋美はデビューまでの道!様々な芸名があった!

華原朋美さんは、小さい頃から芸能界に興味を抱いていたようで、オーディションに挑戦していた過去がある。

高校1年生の時に憧れだった中山美穂さんや工藤静香さんの影響もあり、「全日本国民的美少女コンテスト」に応募をしたのだが、両親が芸能界入りに反対していたため、本選までは進まずに終わってしまったのだった。

だがやはり彼女にはタレントとして活躍する天性の才能があったのか、高校3年生の時、渋谷にある吉野家でスカウトをされ念願の芸能界入りを果たした。

1993年に芸名「三浦彩香」としてテレビに初出演をした。この頃の写真を見ると、愛らしい顔で、笑顔が本当に素敵なのである。

1994年〜1995年には、「遠峯ありさ」という芸名でアイドル活動をしていた。

実は華原朋美さん、スタイルが抜群に良いのだ。

当時はグラビア活動もしていたほど。小柄なのにグラマラスで可愛い。

今思うと小室ファミリーとして活動していなくても、万人に愛されるアイドルとして活躍できたのかもしれない。