夏帆がたっぷり堪能できる映画トップ5!

夏帆とは

2003年にデビューして以来、モデル・女優とたくさんの仕事をしてきた夏帆。

CM「三井のリハウス」で11代目リハウスガールとして出演した。歴代のリハウスガールの中では一番長く出演している。このCMで夏帆を知った人も多いのではないだろうか。

女優の早織、豊田エリーらと期間限定アイドルユニットSnappeasとして活動したこともある。

2004年に女優デビューし、数多くの人気作品に出演してきた。

テレビドラマでは「4姉妹探偵団」「オトメン(乙男)」など可愛らしいがかっこいい役が多いが、「みんな!エスパーだよ!」では不良少女を演じ、ストーリーと相まって多くの人をビックリさせたのではないだろうか。

過去の作品では島根、香川、三河など方言を使う役も多い。「劇場版TRICK霊能力者バトルロワイヤル」では訛りの強い栃木弁を披露した。方言にキュンキュンした人も多いだろう。

初単独主演映画「天然コケッコー」では多くの新人賞を受賞、「海街Diary」では第39回日本アカデミー賞で優秀助演女優賞を受賞し、同作は「カンヌ国際映画祭」に出品された。

今回はそんな演技に定評のある夏帆がたっぷり堪能できる映画トップ5!を紹介する。

5位:東京少女

2008年2月に公開された。

出演:夏帆、佐野和真、福永マリカ、近藤芳正、秋本奈緒美

地震をきっかけに現代と明治時代が携帯電話で繋がる、時代を越えた越えたSF恋愛ストーリー。

夏帆はSF作家を夢見る女子高生「未歩」を演じている。

現代で作家を夢見る未歩と明治時代で小説家を目指す時次郎、お互いの悩みを話すうちに思いを馳せるようになるのだ。

生きる時代は違うが、約100年前と同じ場所に建つ店を通しての、時次郎からのプレゼントと手紙には感動する。過去の彼が未来の自分を変えてくれた。「時は離れていても、君の心は近くに感じる」この言葉には多くの人にグッとくるだろう。

大切な人を亡くしたくない、そんな未歩の気持ちもわかる。だが、時次郎の今大事なことをしたいという気持ちもわかる。時代は違っても人が誰かを大切に思う気持ちは変わらないと教えてくれる作品である。