キーラ・ナイトレイの出演するおすすめ映画をランキング形式で10個紹介!

https://matome.naver.jp

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのヒロインとして知られているキーラ・ナイトレイ。

その美貌は誰もが知るところである。

幼いころから役者に憧れ演技の勉強をしていたナイトレイだが、様々な映画賞にノミネートされた作品も多いことからその実力も本物である。

彼女はいったいどんな作品に出演したのか、ここではランキング形式にして紹介していく。

10位:キーラ・ナイトレイ初主演作品『レジェンド・オブ・アロー』

https://matome.naver.jp

『レジェンド・オブ・アロー』は、1997年から2005年まで放送されたテレビ映画シリーズでキーラ・ナイトレイが初主演を務めた。

日本では『ロビン・フッドの娘』というタイトルで放送されていたが、タイトル通りロビン・フッドの娘グウィンが主人公となった物語である。

幼い頃に母を亡くしたグウィンは、不在がちな父の代わりに修道院で育てられた。

美しく成長したグウィンだったが、ある日父が王子暗殺の濡れ衣を着せられてしまう。

グウィンは愛する父を救うため、長い髪を切り男に扮して弓を持つ。

ナイトレイが凛々しく勇ましいので、ファンにはたまらないナイトレイのために作られた作品である。

9位:謎解きトリック系!?『穴』

https://matome.naver.jp

2001年に公開された『穴』は、ガイ・バードの『体験のあと』を原作とした作品である。

謎の穴で起こった恐怖を描いており、最後までドキドキハラハラが好きな方におすすめの映画である。

ある日、4人の学生が忽然と姿を消した。

そして事件から18日後、そのなかのひとりが憔悴しきって帰ってきた。

そしてやがてそこで起こった恐怖を語りはじめた…。

ナイトレイはこの作品でフランキー役を演じているが、ホラー映画ということだけではなく”修正”されていないシーンもあるので、観るときは十分注意して頂きたい。

8位:タイムスリップがテーマのラブサスペンス『ジャケット』

https://matome.naver.jp

2006年公開の『ジャケット』は、『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロディ主演、キーラ・ナイトレイはヒロイン、ジャッキー役を演じている。

ブロディ演じるジャックが現在と15年後の未来に何度もタイムスリップしてしまう物語である。

非現実的で、タイムトラベル作品としては異色なストーリーである。

しかし、ブロディやナトレイの高度な演技力が観るものをグイグイ引き寄せていくのである。

ラストは不幸だった少女が幸せになっていくハッピーエンドで終わることを望む物語である。

私も何度か視聴したが、好きな作品のひとつである。

7位:悪者は出ない!?『はじまりのうた』

https://matome.naver.jp

2013年に公開された『はじまりのうた』は、アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた劇中歌にも注目された作品である。

ナイトレイは主人公でシンガーソングライターのグレタ役を演じており美しい歌声も堪能できる。

恋人と共作した曲が映画の主題歌に抜擢され、恋人とニューヨークに引っ越したグレタだったが、どんどん有名になっていく恋人との歯車が狂い始めてしまう。

本当に大切なものはお金では買えない、そんな感動で結末を迎える美しい作品である。

ナイトレイの美しさも際立っているので目の保養にはもってこいじゃないだろうか。

6位:キーラの美しさが引き立つ『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ

https://matome.naver.jp

2003年に公開されシリーズ化されている『パイレーツ・オブ・カリビアン』。

ディズニーランドの「カリブの海賊」をモチーフに物語が展開されていく。

舞台は18世紀のイギリス・カリブ海の港町ポートロイヤル。

ナイトレイは、総督の娘エリザベス・スワン役を演じている。

ナトレイは、2003年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』、2006年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』、2007年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の3作品に出演している。

当時のドレスを身に纏った美しい姿も見どころだが、海賊に扮したナイトレイも魅力たっぷりである。