キムヒョンジュンの意外な性格トップ5!

キムヒョンジュンとは

キムヒョンジュンの意外な性格を紹介する。

SS501というグループをご存知だろうか?韓国で大人気の歌手グループである。

あの大人気グループ、東方神起のライバルということで、韓国ではとても知名度が高く、日本でも韓流スターを愛している人達も知っているグループだ。

その強大なグループのメンバーをまとめあげているリーダーは、キム・ヒョンジュン。

同姓同名のメンバーがいるため、リダとマンネという愛称で分かりやすいように差別化を図っている。この記事ではリダと呼ばれているキム・ヒョンジュンのことについてだ。

整ったルックスと、どことなくクールな雰囲気を持った男性だ。そんなミステリアスな彼には当然女性ファンが多く、本人もそれは認めているという何とも男性から見たらうらやましいもてっぷりである。

しかし、リダには黒い噂が何個もあり、その一部は彼の性格についてだ。

クリーンで爽やかなイメージに見える彼は、一体どんな性格なのだろうか。一見誠実そうに見える甘いマスクの裏で、どんなことを考え、どのような行いをしているのか。

今回は、リダの大まかな性格をランキング形式で紹介していこう。

5位:無愛想

無愛想。一番アイドルや俳優にあってはならない要素だ。

ファンに対してニコリともせず、手も振らず愛想笑いも仕事仲間にせず可愛げがない。

そんなことは自分の爽やかなイメージを売りにしている職業に就いている彼は絶対にあってはならないことなのだが、こんなふうに言われてしまう原因は日本にリダが来た時のことだ。

日本にいた時、彼を無愛想だと感じた日本人ファンがいたようだ。歌を歌い終わってから、何もファンサービスをせずにさっさと舞台裏に引っ込んでしまったり、余りファンに対して手を振らなかったりなど。

これは、他のメンバーに比べて無愛想だなとファンに思われても仕方がないだろう。

リダ自身は、自分のこの行動をどう思っているのかどうかは分からないが、何も弁解がないと言うことは、彼の中では無愛想だと思っていないのかもしれない。