桐谷美玲出演のおすすめ映画を過去作品から最新作までランキング形式で15個紹介!

桐谷美玲画像

https://twitter.com/kiritani_mirei_/status/591114897158643712

2016年12月、雑誌『VoCE』で「2016年最も美しい顔」に選ばれ、表彰されている桐谷美玲の映像を観た。不思議な人だ。稀有な美貌を持ちながら、どうして気取らず、自然体でいられるのだろう。

日本には数多くの美しい女優たちが存在する。皆、「私を観て!」という強いオーラをまとっている。しかし、桐谷からはそんな強い意志は感じない。

誤解しないでほしい。決してけなしているわけではない。内面からにじみ出る業の深さや強さが無い分、桐谷は世間から異様に好かれているのだ。

ニュース『ZERO』などでのキャスターのイメージが強い桐谷だが、女優としてはなんともう10年ものキャリアがあるのだとか。2015年の『ヒロイン失格』が印象的だったが、実は他にも主演作やヒロイン役で出演している作品など多数あるのだ。ここでは、桐谷美玲の出演するおすすめ映画を過去作品から最新作までランキング形式で15作品紹介する。ヒロイン役や主演作を上位にランキングし、下位には、きらりと光る演技をしていた作品をランクインさせた。映画の中の桐谷は、普段の桐谷とは別人だ。ギャップに驚いてほしい。

15位:桐谷美玲が芝居に目覚めるきっかけとなった映画『ジーン・ワルツ』2011年

桐谷美玲『ジーンワルツ』画像

https://twitter.com/807_melonjuice/status/809671702867099648?lang=ja

婦人科医療の現場を舞台とした医療ミステリー。主演は菅野美穂。本作の桐谷の役どころは、ヤンキーの妊婦役。ド派手なファッションに身を包み、出産シーンも。

まあ、本作の中で桐谷はチョイ役ではある。出産後、どうやって育てるのかも考えていないようなアホな妊婦。それでも、この現場は桐谷に女優として歩んでいくことを固く決意させた大切なものだったそう。ここからどんなふうに桐谷が浮上していくのか見るためにも、ぜひ一度は観てみてほしい作品。

14位:敏腕ジャーナリスト役 映画『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』2014年

桐谷美玲『チームバチスタ』画像

https://twitter.com/eigamiter/status/778213388950265856?lang=ja

ニュースZEROのキャスターとして活躍している桐谷美玲だが、本映画では、敏腕医療ジャーナリストとして登場。中村トオルと伊藤淳史を前に堂々の演技を披露している。

実は桐谷は、高校時代かなり高偏差値の学校に通っていたそう。普段はふんわりとした雰囲気だが、才女なのだ。その賢さを前面に押し出した役柄は、本当にピタリとハマっている。これからこういう役をもっとたくさん演じればいいのに、と期待が膨らむ意欲作。

13位:声優もやっちゃうよ!劇場版『名探偵コナン 11人目のストライカー』2012年

桐谷美玲『コナン』画像

https://twitter.com/begin_to/status/179320112032137217?lang=ja

桐谷美玲は、ニュースZEROのキャスターをしている硬派な人間なのかと思いきや、アニメが好きだったりする。本当につかみどころのない人。『名探偵コナン』は、桐谷が(桐谷母も)ずっとファンであるアニメ作品なのだとか。声優挑戦が決まった途端、興奮して知人・友人に報告しまくったほどだそう。

本作では、事件の鍵を握る人物を熱演。元気にハキハキと演じる桐谷が新鮮だ。

12位:感涙必至!映画『ツナグ』2012年

桐谷美玲『ツナグ』画像

https://twitter.com/vol_459/status/779896671706558466?lang=ja

辻村深月が白辻村を発揮した小説『ツナグ』を原作とした作品。桐谷は、恋人に想いを伝えることのないまま死んでしまった女の子の役を熱演している。

12位にランクインさせたが、映画としてはよくできていると思う。桐谷美玲を堪能できる作品かと問われれば、主役ではないし、ヒロインでもないので12位ということ。気持ちよく涙活したい人にはおすすめの作品。

11位:リンクする映画『同級生』『体育館ベイビー』2008年

桐谷美玲『同級生』『体育館ベイビー』画像

https://twitter.com/__tecDECADE/status/563605945696022529?lang=ja

その細い体型からか、病人役を演じることが多い桐谷だが、『同級生』でもやっぱり病人役。メイクで顔色を悪く見せているそうだが、撮影先の病院の先生に本気で「大丈夫か」と心配されたそう。

『体育館ベイビー』は、『同級生』と同じキャスト&設定も同じだが、『同級生』とは違う視点から描かれた物語。二つの映画を見比べることでより深く映画を理解できる。

10位:有名俳優らの怪演!美玲可愛い映画『荒川アンダー ザ ブリッジ』2012年

桐谷美玲『荒川アンダーザブリッジ』画像

https://twitter.com/shun_nosegrind/status/804965582495879168?lang=ja

中村光原作漫画の独特の世界観が多くのファンに支持されている作品。2011年にドラマ化され後に劇場版が公開された。小栗旬は河童になり、山田孝之が星のかぶりもので出演した作品として有名。

有名俳優たちがいろんなキャラに化けて怪演を魅せてくれる中、桐谷美玲は安定の可愛らしさで世の男性陣をノックアウトする!

9位:主演はアノ成宮寛貴!映画『逆転裁判』2012年

桐谷美玲『逆転裁判』画像

https://twitter.com/haruto987/status/807558409113346050?lang=ja

ゲームを原作とした作品で、法廷バトルが楽しい作品。何でも映画化しちゃう三池崇史監督作品で、主演は先日電撃的に芸能界を引退してしまった成宮寛貴だ。映画キャッチコピーの「偽りの真実を打ち砕け。」がちょっと陳腐に見えてしまうが……。

桐谷美玲が演じるのは、成宮寛貴演じる新米弁護士・成歩堂 龍一の助手役。原作のマヨイちゃんより、ちょっとというか、かなり色気を感じてしまう。桐谷美玲はコスプレ姿が異様に似合うことを発見!

8位:可愛いヒロイン役を好演 映画『音楽人』2010年

桐谷美玲『音楽人』画像

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61eBvAOSSPL._SX522_.jpg

桐谷美玲が映画に出演し始めたのは、2006年から。本作は2010年に公開されているので、まだ演者としては完成されていないころだ。

本作では、病気を抱えながらも好きな人のために懸命に自分の時間を捧げるヒロイン役を好演している。ここまで好きな人のために尽くせる女子がどれだけいるだろうか、と一瞬しらけそうにはなるのだが、桐谷美玲の可愛らしさには叶わない。とにかく一途な桐谷がメチャクチャ可愛いのだ。