北川景子の出演するおすすめ映画をランキング形式で15作品紹介!

北川景子主演ドラマ『家売るオンナ』クランクアップ時の画像

https://twitter.com/ieuru2016/status/762782506655490048

「演技いまいち」「大根女優」「顔がキレイなだけ」などと陰口を叩かれたこともある北川景子。彼女が出演するおすすめ映画を過去作品から最新作まで一挙にドドーンと紹介したいと思う。

2016年1月にタレントのDAIGOと結婚し、そのあまりの幸せっぷりが話題となった北川景子。結婚をきっかけとして出演作も注目されるようになり、主演をつとめた2016年夏クールドラマ『家売るオンナ』では高視聴率をマーク!

冒頭にも書いたが、北川景子といえば演技下手というイメージだった。特に私が拒否反応が出たのが2009年のドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー』だ。なんせセリフ回しが棒読みすぎる!残念ながら『ブザー・ビート』に関しては、その他の出演者もいまいちと感じ、初回で観るのをやめてしまった。しかし!ドラマ『家売るオンナ』を見て、その負のイメージは一新した。

「あれ!? 演技上手じゃん!」

瞬きすらしないオーバーアクション気味なロボット演技。これをNGだと言う人もいるらしいが、私は評価した!単なるキレイなお高くとまった女優じゃないんだということだけでも好感度アップだわ!

で、気になって調べてみたのが、北川景子の過去出演映画作品。やっぱりと言ってはなんだが、面白いぐらいに近年の作品で演技力が向上している!裏を返せば、2009年以前の作品は別の意味で見応えがあるということだが……。

人との出会いによってどんどん化けているという印象の北川景子。過去の映画と最新の映画を見比べて、「カメレオン女優」を夢見る北川景子の成長っぷりをみんなにもぜひ感じてほしい!

 

15位:北川景子初主演映画『チェリーパイ』2006年

北川景子初主演映画『チェリーパイ』画像

https://twitter.com/Keiko_photo/status/690124835482136576?lang=ja

北川景子が20歳のころ、映画初主演をつとめた作品。タイトルから想像できるとおり、北川景子はパティシエ役で甘酸っぱい中にちょっと辛さも含んだ恋愛ストーリーが展開される。

この映画の最大の特長は、音楽と映像の融合……ということで、音楽はあの「いきものがかり」が担当しており、まあ、とてもいい!そして、肝心のストーリーはというと、いろんなサイトの評価では5点満点中3点をとることが難しいレベルの作品だ。

「なぜ、そんな作品を推すんだ!?」と憤るのは、ちょっと待って!

この作品で魅力的なのは、メイキング映像!北川景子ファンならぜひとも観ておく必要がある20歳のころの超絶可愛い北川景子がそこに!必見だ!

14位:映画主演2作目でヌード!? 『Dear Friends』2007年

映画『Dear Friends』北川景子画像

https://twitter.com/naachan_05/status/730688794857332736?lang=ja

2007年当時、モデル上がりの新進気鋭の若手女優として注目されていた北川景子。本作は、彼女の美しい顔立ちにピッタリの性格最悪な女の役。もちろん主演だ。

裕福な家庭に生まれ、何不自由なく育った美しい主人公の、世の中自分中心に回ってますと言わんばかりの態度が鼻につく。しかし、そんな彼女にガンという病魔が襲い掛かる。そして、彼女は次第に人生にとって大切なものに気づいていく……というよくあると言えばよくある、間違いなく感動できるストーリー。

ちょっと過激な女子高生を演じた北川のヌードが見られると話題になったが、それが本物かどうか、気になる方はぜひ本編で確かめてほしい。

13位:声優で主演!『マジック・ツリーハウス』2012年

北川景子『マジックツリーハウス』画像

https://twitter.com/jwkf/status/103702040093523968?lang=ja

世界累計販売部数が1億冊を軽く超えているという小説『マジック・ツリーハウス』を映画化した作品。

声優以外がアニメで声を演じることに抵抗のある人もいるだろう。しかし、本作での北川景子の化けっぷりはスゴイ!彼女が演じたのは、主人公の8歳の少年・ジャックだ。女性の彼女が男の子の声を演るということ。かなり難しいことだったのでは、と想像するが、アフレコでは1~2回ほどテイクしただけで監督からOKが出たとのこと。

しかも、驚くことにその声は、映画やドラマなどで耳にする北川景子の声ではない!映画を鑑賞した人たちが後から「ジャックの声=北川景子だったの!?」と気づくという素晴らしい完成度。実は、私も子どもと一緒に映画を観た後、DVD化された本作をあらためて鑑賞し、ジャックの声=北川景子だと気づいたくちだ。妖艶な北川景子がいかに8歳の少年になりきっているか、ぜひ確認してほしい!

 

12位:玉木宏主演映画にヒロインとして『真夏のオリオン』2009年

『真夏のオリオン』北川景子画像

https://twitter.com/War_movie/status/805636395708518401?lang=ja

「必ず全員生きて帰る」そんな強い想いを描いた戦争映画『真夏のオリオン』。本作では、主演の玉木宏が役に合わせて7㎏もの減量をしたことで話題となった。

ストイックな玉木を信頼し、現代と戦時中、二つの時を生きる紅一点のヒロインを演じる北川景子がまぶしい。本作のメインシーンはもちろん玉木らが演じる潜水艦内。そのシーンの合間に、北川演じるヒロインの出演シーンがあるのだが、決して脇役ではない。本作を貫いている「生きて帰る」という強い主人公らの想いを支えているのがヒロインの存在なのだ。少ない出演シーンの中で圧倒的な存在感を誇る……難しいことだが、それを彼女は見事にやってのけている。

後に北川景子は、主演の玉木宏に対する信頼を口にしている。監督や俳優との出会いによって、かなり影響を受けるタイプの北川景子という女優の化けっぷりがスゴイ作品。

 

11位:向井理とW主演『Paradise Kiss』2011年

北川景子『パラダイスキス』画像

https://twitter.com/karasuteng0126/status/766916986903236608

累計発行部数600万部を誇る矢沢あい原作の同名漫画を映画化。北川景子は本作で向井理とW主演をつとめる。

漫画原作作品につきものなのは、原作ファンによる「実写化いらねー」の声。漫画では美しく&かっこよくヒロイン&ヒーローが描かれるため、ファンの頭の中には2次元の完璧な姿が刻まれているのだ。しかし!そんな作品だからこそ、美しさではおそらくこの世で右に出る者はいないと思われる北川景子のキャスティングはピッタリ!見事に主演の女子高生・早坂紫を演じ切った。

今、2.5次元俳優&女優がもてはやされているが、北川景子はその走りだったと言えよう。

10位:せつなすぎる主演作『瞬 またたき』2010年

北川景子『瞬 またたき』画像

https://twitter.com/dTV_PR/status/740850013975269377?lang=ja

磯村一路監督・脚本作品。河原れんの処女小説『瞬』は、涙なしには読めないと大絶賛された感動作だ。

北川景子演じる泉美は、岡田将生演じる淳一と幸せな恋愛関係を築いていたが、ある日のデートの帰り道、二人は事故にあってしまう。そしてなぜか生き残ったのは、北川景子のみ。事故の精神的な後遺症に苦しみながらも、空白の10分間にいったい何があったのか、なぜ自分だけ無傷でいられたのかを思い出そうとするというストーリー。

事故のシーンが生々しく、賛否を生んだ作品だが、観る価値あり。スコンと明るい役柄をやるより、こんな風に悩んで苦しむ暗い役柄のほうが北川景子の美しさが際立つんだな。

9位:スッピン素顔が可愛い『ハンサム☆スーツ』2008年

北川景子『ハンサム☆スーツ』画像

https://twitter.com/horixkojix/status/777496748679847937?lang=ja

人間、顔が大事なのか、それとも性格が大事なのか。おそらく太古の昔から人類が悩んできたと思われる命題に挑んだ作品。

ドランク塚地演じる不細工男が、ひょんなことで手に入れたハンサムスーツのおかげで超美男子(谷原章介)に変身してしまうという物語。美しすぎる北川景子は、塚地のことが気になりながらも、見た目が可愛いからという理由で告白してきた塚地に愛想をつかしてしまう。

一般人から見れば、美しいということはそれだけで価値のあることなんだが、美しさを手に入れている本人からしてみれば、そんなことより内面を評価してほしいと。まあ、人間はいわゆる無いものねだりをする生物なんだという結論か!? ほぼスッピンの北川景子が超絶可愛くて萌えるぞ!

8位:錦戸亮とのW主演『抱きしめたい -真実の物語-』2014年

北川景子『抱きしめたい』画像

https://twitter.com/Nishikido_Info/status/751461658397011968?lang=ja

錦戸亮とのW主演の恋愛映画。事故に遭って左半身麻痺&記憶障がいという障がいを抱えてしまった北川景子が、タクシードライバーの恋人・錦戸亮に支えられて懸命に人生を生きるという話だ。

上記のあらすじを読むと、困難を乗り越えて二人で手に手をとって生きていくほんわかラブストーリーなのかと勘違いしてしまいそうだが、そんな甘い話ではない。本作の肝は、記憶だ。今起きたことを明日には忘れてしまうという恐怖。実在した人物の経験をもとに映画化された作品だけに、いろんな演出や役者の表情がリアルでひきこまれる。北川景子の表情に注目!