レオナルドディカプリオの出演するおすすめ映画をランキング形式で15個紹介!

https://matome.naver.jp/odai/2145673343117844401/2145674334025457003

アカデミーに嫌われた男と呼ばれていたが、2016年に悲願のアカデミー賞主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオ。『ロミオ&ジュリエット』で銀熊賞を受賞。1997年公開の『タイタニック』でさらに知名度を上げ、一躍スターの座を手に入れた。日本でもレオ様と呼ばれるほどの高い人気を誇っている。

いままで多くの役柄を演じてきたディカプリオだが、そのなかで特にオススメの15作品をランキング形式にて紹介する。

15位:人生で何を一番優先するのか?『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

https://matome.naver.jp/odai/2141247027991198301

2009年に公開された『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』は、リチャード・イェーツの小説『家族の終わりに』を映画化したものである。『タイタニック』で共演したケイト・ウィンスレットと再び顔を合わせ、息のあった演技を見せてくれている。

ディカプリオ」はこの作品で、フランク・ウィーラー役、そしてケイト・ウィンスレットはフランクの妻エイプリル役を演じている。夫に輝かしい未来をと望むエイプリルは、自分が働くから貴方は何もしなくて良い、だからパリに行こうと夫のフランクを誘う。しかし、タイミングの悪いことに、エイプリルのお腹には3人目の赤ちゃんが宿っている。

『タイタニック』のようなラブストーリーを望んでいる方には不向きな作品であり、ある程度人生経験を積んできた方々にオススメしたい作品である。人には欲というものがあるが、どれを一番優先するのか、様々な場面によって変わっていくる。それをまざまざと見せつけられる辛く悲しいストーリーなのだ。

14位:この過酷な時代から目を逸らしたくなる『ジャンゴ 繋がれざる者』

https://matome.naver.jp/odai/2139803961551880601/2139821958564582003

2013年に公開された『ジャンゴ 繋がれざる者』の舞台は、南北戦争を間近に控えたアメリカ。当時、黒人は奴隷として扱われていた時代だった。奴隷商人に捕らえられた黒人のなかに、ジャンゴというひとりの男がいた。ジャンゴは白人の賞金稼ぎキングに認められ相棒として彼に同行した。

ジャンゴと生き別れになった妻が、カルビン・J・キャンディという農場領主をしている男の元にいることを聞きつけたジャンゴとキングは、カルビンのいるミシシッピへと向かったのだ。ディカプリオはこの作品でカルビン・J・キャンディ役を演じているが、カルビンはとても残酷な男である。

そんな非情さをむき出しにしたディカプリオの演技が評価され、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされたが、残念ながら受賞には至らなかった。この時代ありきの差別的な表現もあり、とても重いないようである。この時代、本当にこんなことが怒っていたのかと思うと胸が締め付けられる思いになった。

13位:人には裏と表の顔がある『ギャング・オブ・ニューヨーク』

https://matome.naver.jp/odai/2139803961551880601/2139821958864592103

2002年に公開された『ギャング・オブ・ニューヨーク』は、アカデミー賞10部門にノミネートされ、主演を演じたディカプリオも主演男優賞にノミネートかと騒がれたが、本来主演ではないダニエル・デイ=ルイスが主演男優賞にノミネートされて注目された作品である。

物語の舞台は1840~1860年のニューヨーク。アメリカでチャンスを掴もうと押し寄せたアイルランド人だったが、彼らの住めるところはファイブ・ポインツだけだった。しかし、その土地は、古くからネイティブ・アメリカンたちが住んでいた場所であったため、双方での縄張り争いが勃発する。

ストーリーはわかりやすく、時代背景も丁寧にわかりやすいので、ハードワイルドな作品が好きでない方も十分に楽しめる作品である。ディカプリオはこの作品でアムステルダム・ヴァロン役を演じているが、表面には見せないが内心ではドロドロしたものを抱えている様子を見事に演じている。そういう目をしたディカプリオの演技は、ラブストーリーを演じるよりも彼らしくていいと私は思う。

12位:犯罪だけど応援したくなる『イフ・ミー・キャッチ・ユー・キャン』

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3/240127/

『ギャング・オブ・ニューヨ-ク』と同じ、2002年に公開された『イフ・ミー・キャッチ・ユー・キャン』では、天才詐欺師フランク・W・アバグネイル・Jr役を演じている。1963年のニューヨーク、事業で成功を収めたフランクの父と、母とフランクの3人は裕福で幸せに暮らしていた。しかし、父に脱税疑惑が浮上すると一家の生活は一変した。

貧乏暮らしとなってしまったフランクたちだが、父はフランクの16歳の誕生日のプレゼントとして小切手帳を渡したのだ。フランクは小切手帳を持って銀行にいくが、換金してもらえなかったのだ。しかしここでフランクはパイロットの姿をしていれば信用してもらえることに気がついたのだ。

この作品は実話に基づいた物語だが、こんなにも非現実的な出来事が本当にあったのかと関心してしまうほどである。詐欺をやること事態が犯罪なのだが、あまりにも悲運なフランクに同情してしまう部分もある。また16歳という若さで、ひとりで戦っていかなければならなかったフランクの姿に感動すら覚えてしまう。

11位:役者としての岐路にたつ『ディパーテッド』

https://matome.naver.jp/odai/2139382703414328701/2139382918033861503

2006年に公開された『ディパーテッド』は、2002年に公開された香港映画『インファイナル・アフェア』のリメイク作品で、アカデミー賞作品賞を受賞している。ディカプリオはこの作品で5年もの間、暗黒街へ潜入した刑事ビリー・コスティガン役を演じている。

するどい目つきと凄みのある演技で高評価されたディカプリオにとってもハマリ役といっても過言ではない。『タイタニック』や『ロミオ&ジュリエット』に出ていくる青年という顔を脱ぎ捨てたディカプリオの新たな一面が垣間見れる。

若々しいディカプリオの作品も好きだったが、私は目つきの悪い、目が血走るようなディカプリオの迫力ある演技のほうがオススメだと思う。またこの作品で、ディカプリオはアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたが受賞には至っていない。

10位:男らしさに拍車がかかった『ブラッド・ダイヤモンド』

https://matome.naver.jp/odai/2145684496495911001/2145684605396398003

『ディパーテッド』と同じ2006年に公開された『ブラッド・ダイヤモンド』は、内戦のための資金調達の方法として行われていたのはダイヤモンドの不正取引のことをいう。村を襲撃されダイヤモンドの採掘場に連れて行かれたソロモンは、監視の目を逃れて100カラットほどの巨大なピンクダイヤを採掘した。

その情報を偶然知ったダイヤ密売業者のダニー(レオナルド・ディカプリオ)は、ダイヤの隠し場所を教えたら家族の居場所を突き止めるという取引をソロモンに持ちかけた。

紛争での武器調達の資金源となっていたのはダイヤモンドで、またの名を紛争ダイヤモンドとも呼ばれていた。採石場が空爆されるシーンや、ソロモンとダニーが必死で逃げるシーンなど迫力満載の作品である。この頃のディカプリオも青年らしさをそぎ落とされ、男らしさに磨きがかかってきたような雰囲気がまた魅力的である。

9位:あなたはこのストーリーの難解が解けるか!?『インセプション』

https://matome.naver.jp/odai/2136540192477687401

2010年に公開された『インセプション』でディカプリオは、他人の夢の中に侵入して”情報”を盗みだす泥棒コブ役を演じている。渡辺謙の共演でも話題になったが、至って難解な作品である。ネット上でもストーリーを解説していたり、考察している方も多いが、それを見ても完全に理解するのは難しいかもしれない。

しかし、どんなに難解だといわれようとも、面白いと感じてしまうのはなぜだろう。映像のパッケージからしても引き込まれてしまい、何度みても理解できないのにまた観てしまうのだ。何も考えずに見れば簡単に捕らえられるかもしれない、しかし細かいところをみると、様々な矛盾がたくさん出てきて、頭がパニクってしまうのである。

ただ、そこまで細かいところを気にせずに観るのもいいと思う。人それぞれ感じ方が違うので、自分の捉えかたでみることをオススメする。