寂しいから別れる?構ってくれない彼氏とうまく付き合うコツ8選!

彼氏と過ごす時間

付き合っている彼氏との大切で貴重な瞬間‥時間が許す限りくっついていたい思うのが女心だろう。できることなら一瞬でも傍を離れないでいて欲しいと切に願うが、彼氏は反対側を向き、スマホをいじっていたり、はたまた読書に勤しんでいる場合もあるだろう。

そんな状態の彼氏に愛想を尽かし、「別れようかな‥」とぼんやり考え始める女性も多いだろうが、嫌いになって別れる場合でなければ後悔することもあるかもしれない。かまってくれない彼氏とは上手な付き合い方のコツを知ることで改善されることもある。後悔したくない女性にそんなコツを8選紹介していく。

8位:かまってくれない彼氏と別れたい時は別れを匂わせる

彼氏と付き合いを始めて最初からかまってくれないようなタイプの場合、彼氏は自分のことを最優先してしまう傾向にある。

そういった男性は自分に彼女ができたとしても、生活状況を変化させる気は全くないのだ。

また、付き合っている期間が長いと、初めはかまってくれていた彼氏が段々とかまってくれなくなる時もある。

いわゆる倦怠期というものだが、長く付き合っているカップルにはもはや避けられない死活問題だ。

男性はモノにした女性と長い間時間を共にしていると、どうしても飽きが訪れる。

そんな時は別れを匂わせてみるのも1つの有効な方法に繋がる場合があるのだ。しかし、本当に彼氏に直接「別れよう」と伝えてはいけない。

彼氏がそのまま別れに承諾してしまう恐れもあり、彼氏との関係を持続していく意思があるのなら賢明ではないだろう。

かまってくれない彼氏を逐一気にしているのも精神的に辛いものがあるため、ここは彼氏に可能な限り興味を示さないことだ。

かまって欲しいと思っている時は、女性は自分でも気づかずにアピールを送ってしまっているもの。

そんなアピールを会う度にされている彼氏はいい加減うんざりだと感じている場合もあるかもしれない。

そんな時は彼氏に対して今までの執着を見せないことだ。

今まで彼氏にラブラブアピールをしていたのにも関わらず、急に興味がない素振りをされれば異変を察知するだろう。

ここで重要なのは、興味をなくすことであって、「冷たくする」ことではない。

冷たくしてしまうと彼氏の怒りを買いやすいため、話しかけられて上の空で返事をするくらいがベストだ。

彼氏は興味をなくされることで、今までの自分の行動を思い返して慌てふためくだろう。

会話の最中、「どうしたの?」といったような質問がくればそのまま不満を伝えられる良い機会にもなる。

7位:かまってくれない彼氏にイライラする時は距離を置く

かまってくれない彼氏は好きになったら距離を縮めていきたいと考える女性をいつも苦しめる存在だ。

かまわない立場とかまわれない立場では大きな違いがあり、かまわれない側はどういった行動を取れば改善していくのかを考え続ける必要がある。

しかし、いくら考えても彼氏が振り向くような奇抜なアイデアを出さなければいけない時もあり、正解に導くのは賭け事のようなもの。

彼氏との関係を良好にするのを考えるのは素晴らしいことだが、改善されない期間、考え続けていてはあなたが疲れてしまう。

一旦彼氏のことは頭から離れさせ、可能であれば「自分はフリー」だと思うようにしよう。

彼氏がいないと想像するだけで気持ち的にも楽になる。

彼氏にイライラしてしまう状態は限りなく良くない状況であり、彼氏を憎む第一歩だ。

イライラが爆発した状態では彼氏と顔を合わせた時に一気にまくしたててしまう可能性もある。

彼氏としてもいきなり責めたてられれば良い気分はしない。

イライラする状態まで到達してしまったら短期間でも彼氏との距離を置くことを手段の1つとしてみよう。