これは驚き!マクドナルドに関わる衝撃の事実トップ8!

マクドナルドを食べた事がないという人はこの世にいるのだろうか?というくらいにマクドナルドは我々の生活に浸透している。74年前に1号店が出来て以来のべ119の国に約34000ほどの店舗が今日もハンバーガーやポテトを売っている。

"マクドナルドは健康的によくない"という批判や、”おもちゃを付けることで子供に興味を持たせ販売促進している"、"若い労働者を働かせすぎ"など様々な批判を受けている企業でありながらも、未だに多くの人がマクドナルドに行きハンバーガーやポテトを注文するのだから不思議である。

さてそんな世界に幅広く知れ渡っているマクドナルドではあるが、我々はどれだけマクドナルドに関わる事実を知っているだろうか。おそらく今回記事にしたマクドナルドにまつわる話の多くをあなたはしらないはずである。マクドナルドを食べた事があるなら是非見てみて欲しい。

 

【今みんなに読まれてます】
 

►知ってビックリ!コカコーラの知られざる真実トップ10!

►セブンイレブンの人気おすすめ冷凍食品ランキングトップ15!

►一度は経験してみたい!短期でする面白いバイトトップ5!

 

 

8位:アメリカ人労働者の8人に1人がマクドナルドで働いている

ジャーナリストのEric Schlosserが調査し発表した、“Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal”によるとアメリカの労働者の実に8人に1人はマクドナルドで働いているそうだ。

アメリカには13000店舗以上のマクドナルドがあり、マクドナルドは年間を通して約100万人ほどの採用をしているそうである。

またこの採用数はアメリカのどの組織の採用数よりも多いとのこと。一方で、採用数と裏腹に多くの人が低賃金で働いていることも事実である。

7位:マクドナルドは世界で一番おもちゃを配っている

おもちゃというと子供にとっては大事なもので世の中にはおもちゃを扱う店がたくさんある。

アメリカの企業で日本でも有名なところでいえばトイザらスなどがあるが、ファーストフード店のマクドナルドは年間約15億個のおもちゃを子供に届けており、この数字は世界のどんなおもちゃ屋さんが年間で子供に届けるおもちゃの数より多い数字だそうである。

ちなみに調査によると2~11歳の子供の実に40%が親に"マクドナルドに連れて行って"と1週間に1度はお願いするようである。

6位:マクドナルドは1秒に75個以上ハンバーガーを売っている

世界に約31000店舗ほどあるといわれているマクドナルドは、1秒間に75個以上のハンバーガーが売れるのだそうである。

また1日にマクドナルドがお客さんに提供する商品は6800万程で、これは世界の人口の約1%に値し、イギリスの総人口よりも多い。さらに14.5時間に1店舗の割合で新しい店舗が世界中に作られているそうである。

5位:ハンバーガー大学でハンバーガー学なる学位が取得できる

ハンバーガー大学と呼ばれるマクドナルドのトレーニング施設があるのは皆さんご存知だっただろうか。

マクドナルドにより運営されるこの企業大学からこれまでに述べ80000人以上の卒業生がうまれている。毎年5000人以上の学生が学んでおり、2010年には中国の上海にも新しくキャンパスが設立された。

ちなみに授業は幅広い国籍に対応するためか28言語で解説することが出来るそうである。