水野美紀の結婚相手唐橋充についてあなたが知らないこと5選!

水野美紀とは

女優水野美紀は、1987年中学1年のころに「第2回東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト」に出場した。そのコンテストで準優勝となり、芸能事務所にスカウトされた。

何といっても、水野美紀といえば織田裕二が主演した「踊る大捜査線」のヒロインである。お嬢様然としたキャラクターだが、実は根性があって頼もしいという当たり役であった。

実は結婚していたという水野美紀だが、その夫とはどのような人物なのだろうか。共演者か実業家かと思いきや、案外と予想外のちょっと変わった人物であった。今回は、水野美紀が結婚した唐橋充という男性について紹介する。

水野美紀は結婚している!

実は、いつの間にか水野美紀は結婚していたのである。結婚したのは、2016年の6月28日、水野美紀本人の誕生日だった。いきなりだと感じたファンも多いだろうが、そもそも交際期間は、たったの3か月というから無理もない。交際のスタートも結婚のスピードも、どちらも最速ということだ。

典型的な「黙っていれば綺麗なのに…」という残念なおっさん臭いキャラクターが認知されつつあった水野美紀だが、この結婚によって、少ししっとり系の女性に変身するのかもしれない。

事務所問題などがあり、一時は人前から姿を消していたが、ここ数年で復帰した矢先での結婚報道である。何となく夫婦そろって幸先(さいさき)が良いような感じがしないだろうか。

水野美紀の結婚相手は?

水野美紀の結婚相手は、イラストレーター兼俳優という変わった肩書を持つ唐橋充である。舞台活動もしているが、仮面ライダー555をはじめとした特撮もので知られており、戦隊マニアにとっては有名人だが、一般人からすると、俳優というよりは、おしゃれなイケメン芸術家というイメージがするのではないだろうか。

交際期間がたったの3か月問という結婚だが、お互い年齢的には大人なので、勢いだけということはないだろう。末永く幸せになってほしいものである。水野美紀自身が、普通の女優業よりもアクション的な演技を好むという珍しい女優なので、電撃結婚とはいえ、非常に相性はよいのかもしれない。

5位:交際スタートはすぐだった!

水野美紀と唐橋充が出会ったのは、2016年の3月である。共通の知人の紹介で、初対面の段階から意気投合したということだ。

清純派のメジャーな人気女優という地位を自ら捨てて、アクションや舞台活動に世界を広げていった水野美紀と、そもそも存在がマニアックなアーティスト気質の唐橋充は、とても近い世界に位置しているのである。アートや舞台など、おそらく話題もかみ合うに違いない。想像しただけでおしゃれな交際を育んだことだろう。

水野美紀は、少しアングラな世界に惹かれてしまうタイプの女優なので、周囲が心配するほど、今回のスピード婚に不安は持っていないのかもしれない。

経済力も、唐橋充はイラストレーターしての地位を確立しているため、少なくともヒモ的なイメージはない。やはり、収入減が複数ある男性は生活力があって魅力的なのである。

4位:現在も舞台で活躍中!

唐橋充は、早稲田大学の演劇研究会から演技をはじめ、舞台俳優として活動していた。2003年に仮面ライダー555の悪役として注目され、番組の公式サイトでは「カラハシシンブン」というコラムとイラストを披露した。初期の段階から、俳優とイラストという二足のワラジを履いていたということになる。

唐橋充の事務所は、2007年まではDIMENTIONだったが、フリーになり、そのまま活動を続けた。今現在は、水野美紀とともにオフィスモレに所属しているが、活動内容などは、ほぼフリーということになるようだ。

まさに多才という言葉がぴったりの唐橋充は、そのうち妻となった水野美紀のプロデュースもするのではないだろうか。自己プロデュースがうまいとは決して言えない水野美紀にとって、非常に頼もしい存在となりそうである。