池松壮亮と熱愛が噂された歴代彼女5人を一挙紹介!

池松壮亮とは

わずか10歳で劇団四季のミュージカル「ライオンキング」のヤング・シンバに抜擢され、12歳でラストサムライに出演してハリウッドデビュー。二十歳前にこれだけの華々しい経歴を持つ池松壮亮。

出身高校は、難関校として知られる福岡大学附属大濠高。進学コースなら偏差値61、中高一貫コースは偏差値67、スーパー進学コースになると偏差値70というレベルの高い高校だ。卒業後は日本大学藝術学部映画学科監督コースに進んでいる。

映画やドラマで目にする池松壮亮は、彼氏よりオトコ、ラブシーンより濡れ場、セクシーというよりエロティックという表現がふさわしい俳優である。演技力はもちろん、持って生まれたフェロモンの力が大きいのではないだろうか。

そんな池松壮亮と熱愛関係になったら、どんな女性も一気に女っぷりが上がりそうである。これまでに池松壮亮と熱愛が噂された歴代彼女4人を一挙に紹介しよう!

池松壮亮の結婚観

池松壮亮はトーク番組「ボクらの時代」で自分の結婚観を語ったことがある。独身貴族をしばらく楽しみたいというような考えはまったく持っておらず、いつでも結婚したいと明言していた。

「ずっと自分のためだけに頑張るっていう感じが嫌です。そんなのは飽きた。男たるもの守るもののひとつもないと、この先頑張れないんじゃないかという不安があります」

まだ30代になっていないにもかかわらず、頼もしい男気を感じさせるコメントである。また、恋愛観については、どうしても女性らしさを求めてしまうため自分は古風なタイプだと分析している。

大阪の彼女がいるという噂

池松壮亮には大阪の彼女がいるという噂は根強くインターネットに広まっている。2015年lの2ちゃんねるの書きこみがきっかけとされているが、どのような内容なのか解説してみよう。

池松壮亮は日本大学藝術学部出身で、同じ大学の女の子とSNSの相互フォローをしていた。ここまでは学生同士ならよくある話なのだが…その女の子が大阪での池松壮亮の舞台について感想を述べたついでに、「末長くお幸せに、早く東京住んでね!」という意味合いのことを漏らし、そして速攻削除したという。

誰から誰に宛てたコメントなのか伝言なのか、非常に解読が難しい。とにかく池松壮亮は急いでその子のInstagramフォローを解除したそうだ。とはいえ、目撃談は「友だちの友だちから、また聞きした」レベルなので、結論をいうと信ぴょう性は薄い。

5位:忽那汐里は理想の彼女役

忽那汐里と池松壮亮が共演した映画「半分の月がのぼる空」は、140万部を突破した橋本紡の小説が原作である。彼女役を演じた忽那汐里は日系のオーストラリア人三世、日本語と英語のバイリンガルの美少女だ。

号泣確実なラブストーリーは、日本ロマンチスト協会「ロマンスマーク第7号」に認定され、最愛のカップルとして「最愛認定証」も贈られた。日本ロマンチスト協会とは、ロマンチストを育成、推進するという謎の文化機関である。

この授与式に2人そろって出席したことが熱愛報道のきっかけであろう。しかし、忽那汐里も池松壮亮もチームで作った作品が評価されたことを喜ぶコメントしかしていない。映画を観てあれこそ理想の彼氏と彼女だと思ったファンの憧れが、ひとり歩きしただけだった。

4位:今は結婚している市川由衣

市川由衣と池松壮亮は映画「海を感じる時」で共演。典型的だめんず彼女とクズ彼氏の関係を描く救いようのないストーリーだが、2人の演技の素晴らしさが大きく話題となった。

池松壮亮は映画公開後のインタビューにおいて市川由衣のことを、「少女性と母性の両方をちゃんと合わせ持った方で、それでいてどこか手が届きそうな、日常の先にあるような空気を身に纏った」と手放しで絶賛した。てっきり惹かれあっているのかと思いきや、恋愛への発展はなかった。切磋琢磨できる役者同士としては好相性だったようだが、あくまでも仕事面での尊敬でしかなかったのだろう。

そして現在、市川由衣はチームナックスの戸次重幸と結婚して妻となった。