松下奈緒の性格や彼氏に関する情報5選!

松下奈緒とは

松下奈緒は1985年2月8日に奈良県で産まれ、兵庫県川西市で育った。

彼女の活動は女優だけにとどまらずピアニスト、作曲家、歌手と音楽活動も積極的に行なっている。

174センチという長身でスタイルが良く、顔もキリッとしたクール系美人の彼女は、2004年大学在学中に日テレのドラマ『仔犬のワルツ』で女優デビューをした。

その6年後NHKの連続テレビ小説、『ゲゲゲの女房』で主人公を献身的に支える妻を演じ大ブレイクを果たした。

それからも精力的に芸能活動、音楽活動に力を入れ日々多忙な生活を送っているであろう彼女の性格や彼氏について調べた。

天然と言われているという話もあれば、全く逆もありと彼女の性格に関しては意見が分かれているようだ。

彼氏のことについても様々な意見や噂があり、どれが本当かは分からないがあくまで1つの意見として頭にとどめておくのが良いだろう。

5位:松下奈緒の情報その1 松下奈緒は音大卒!ピアノ演奏はいつから習っていたの?

松下奈緒の音楽活動のルーツはどこからきているのだろう。

彼女はなんと3歳の頃からピアノを習っていて、更には東京音楽大学に入学して自分の音楽技術を磨いていたらしい。

その在学中に、音楽がストーリーに密接に関わってくる『仔犬のワルツ』に出演し女優デビュー。

ピアノを演奏するシーンではほとんどの俳優が代役を用意する中で、彼女は代役なしで自分でピアノを演奏したらしい。

2007年にはアニメ映画『ピアノの森』の主題歌『Moonshine〜月あかり〜』で歌手デビュー。

さらには大河ドラマの『義経』のエンディング解説BGMを演奏したりと数々の有名作品のBGMや歌にたずさわっている。

大学在学中に音楽活動や女優業が多忙になってしまったため、1年留年してしまったらしいが、学業と女優業、音楽活動と三足のわらじを履いていた松下奈緒。

無事大学を卒業して、今や国民的女優、音楽家としても活躍している彼女の実力は並々ならぬ努力の賜物であろう。

4位:松下奈緒の情報その2 父親は大企業の代表取締役!

音大に通っていた松下奈緒。とても育ちが良さそうなお嬢様という印象を受けるが、実は彼女の父親は三井住友アセットマネジメント株式会社の代表取締役であり、最高経営責任者の松下隆史氏なのだそうだ。

三井住友といえばCMなどでも名が知れている巨大な企業だ。その企業の代表取締役を父親に持ち、自身も溢れる才能を惜しげもなく注いでいる松下奈緒。

彼女の育ちの良さそうな雰囲気は産まれた時から両親の愛情、経済的に恵まれたからこそであり、さらに松下奈緒の産まれた時からの性質なのであろう。

将来的には三井住友の女性代表取締役として活躍するという目標を抱いているのかと思い調べてみたが、そんな記述や発言は一切なかった。

彼女は芸能界や音楽界でこれからも自身の技術を磨き、活躍していきたいのだろうか。それともこれから自分の父親が代表取締役を務める企業に興味を持つのであろうか。

オフィシャルサイトで音楽活動も意欲的にやっているところを見ると芸能活動を続けていくように思えるが、彼女の今後の行き先はどちらになるのかとても気になるところだ。