松坂桃李出演のおすすめ映画を過去作品から最新作までランキング形式で15個紹介!

松坂桃李とは

松坂桃李はまあイケメンの部類に入るだろう。デビューは2008年。友達に誘われて応募したモデルオーディションでグランプリを獲得し、とんとん拍子にモデルデビューが決まり、そのままスーパー戦隊シリーズの『侍戦隊シンケンジャー』の主演として華々しく俳優デビューを決めている。

この流れは、まあイケメン俳優のよくあるデビュー経路だと思う。しかし、チヤホヤされる時期を過ぎ、その後、ちゃんと俳優としてやれるかどうかは、もともと持っている素養に加え、いかに職業人として俳優という仕事にこだわりを持って真摯に取り組むか、にかかっている。松坂桃李の仕事遍歴をみていると、及第点をあげてもいいと感じる(「お前、何様だよ」というツッコミはご容赦を!)。

なんせ、癖のある役が似合うのだ。冒頭で松坂桃李のことを「まあイケメン」と評したのは、演じる役によってその印象がガラリと変わるということが大きい。単なるイケメンだけでは括れない奥深さ、底知れなさが、松坂桃李からは伝わってくる。

2017年1月には映画『キセキ – あの日のソビト -』が公開され、既に2018年には映画『不能犯』への主演も決定している松坂桃李。ここでは、そんな俳優・松坂桃李の出演するおすすめ映画を過去作品から最新作までランキング形式で15個紹介する。映画レビューサイトで評価の高いものを選び、さらにできるだけ松坂桃李を堪能できる主演作や主演作に近いものを上位に持ってくるようにした。

15位:カメオ出演並!? 映画『デスノート Light up the NEW world』2016年

松坂桃李は、漫画や音楽に対して造詣が深いよう。佐藤信介監督とも何度も仕事をしている松坂。本作では、6本の指を持つ巨大な死神・ベポの声を担当している。そう、声のみの出演。DVD発売を待ってぜひチェックしてほしい。

14位:得意の戦隊もの!主演映画『ガッチャマン』2013年

1970年代の人気アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』を実写映画化。松坂桃李は、『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビューを飾っているので、まあ言わば十八番的な作品になるはずだったのだが……この作品、ものすごく評価が低い!

松坂桃李は全く悪くないのだ。むしろ、アクションは派手だし、カッコいい!ただ、原作へのリスペクトが足りなかったようだ。「原作なんて知らないし」という松坂桃李ファンにはおすすめの作品。

13位:吹っ切れた演技がイイ!映画『風俗行ったら人生変わったwww』2013年

インターネット掲示板2チャンネルで公開されていた小説を原作とした作品。題名からしてエロ系か!?と思ってしまうが、実は究極の純愛物語。主演は満島真之介。ヒロインは佐々木希。松坂桃李は、満島の親友で頭脳明晰トレーダー・晋作を演じる。吹っ切れた演技が話題を呼んだ作品。