一人暮らしにおすすめな食事トップ5!

一人暮らしにオススメの食事

自由で気ままな一人暮らしは、基本的には楽しいものだが、いつの間にか適当になってしまうのが食事だ。経済的にも健康的にも、本当は三食自炊するのがベストなのだが、どうしても億劫になる日もある。

学生でも社会人でも、一人暮らしの食事のハードルは、むやみに上げない方がいい。面倒になると、かならず続かなくなるからである。

おいしくて簡単なら、多少見た目がアバウトだってかまわない。また、スーパーの惣菜や冷凍食品がプラスされるのも、許容範囲だ。

ちなみに、上手に自炊を続けるコツは、いつでも冷凍庫に小分けのご飯をキープしておくことに尽きる。ご飯さえあれば、あとは何とかなるものなのだ。

ここでは、一人暮らしを快適にするための、簡単で節約効果のある食事を紹介している。少しずつでも、自分なりのレシピを増やしていってほしい。

5位:節約になるパスタの食べ方

一人暮らしの食事に便利なのがパスタである。しかし、作るのは一人分なのに、わざわざ大きな鍋を使っては、水道代もガス代もかかり、それでは節約にならない。

いっそのこと、パスタは、フライパンでゆでてしまおう。規定のゆで時間マイナス1分で火を消し、ふたを閉めて1分待ったら、あとは湯を捨てて、普通に調理するだけである。

また、その湯を捨てずに、パスタから出たとろみを生かし、コンソメやシチューの素で味付けすれば、おいしいスープパスタが出来上がる。

パスタのメリットは、茹でてしまえば、味付けだけで食べられるところだろう。ケチャップと砂糖、バターとしょうゆなど、おかずがなくても大丈夫なのだ。

4位:栄養バランスがいい宅配食

一人暮らしで宅配といえばピザだが、それだけでは栄養が偏ってしまう。

一人暮らしの食事には、お弁当タイプの宅配食をプラスするのも良い方法である。何といっても、専門の栄養士が考えた献立を、調理のプロが作ってくれるのだから、栄養バランスが整っている上に、おいしい。

ただ、毎食となると費用的につらいかもしれない。疲れがたまってくる週の真ん中あたりを宅配食に頼るというペースなら、他の日を自炊で頑張る気力もわいてくるだろう。

宅配食には、すぐ食べられるホカ弁のようなタイプもあるが、不規則な仕事なら、冷凍された状態で宅配されるタイプがおすすめである。