三浦春馬と熱愛が報じられた歴代彼女トップ5!

三浦春馬とは

三浦春馬(本名:笹本春馬)1990年4月5日生まれ。茨城県土浦市出身で幼少時、地元の児童劇団に所属し1997年NHK連続テレビ小説「あぐり」で子役デビューしている。

2006年に日本テレビ系で放送された「14才の母」でヒロインの恋人桐野智志役を演じ注目を集める。その後日本テレビ系「貧乏男子ボンビーメン」で白石涼役、日本テレビ系「ごくせん」で風間廉役を演じる。2008年、2010年にTBS系で放送された「ブラッディ・マンディ」で初主演。そして2013年フジテレビ系で放送された「ラスト・シンデレラ」では佐伯広斗役で違う魅力をみせた。

フジテレビ系「僕のいた時間」で澤田拓人役を熱演し、現在放送中のTBS系ドラマ「わたしを離さないで」で土井友彦役を演じている。

映画では2007年公開の「恋空」で桜井弘樹(ヒロ)役を演じ日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後の代表作は「クローズZEROⅡ」美藤竜也役、「君に届け」風早翔太役、

「東京公園」志田光司役、「永遠の0」佐伯健太郎役では日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞している。最近では「進撃の巨人」エレン役が記憶に新しい。

ドラマや映画以外にも舞台やCM、雑誌などに数多く出演している三浦春馬さんだが、過去に熱愛が報じられた女性には共演者が多い。

ここでは過去に熱愛が報じられた歴代彼女を5人紹介しよう。

5位:戸田恵梨香

2011年に放送されたフジテレビ系ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」で恋人役を演じたことがきっかけで熱愛が噂された。

恋人役で同じ高校に勤める同僚という事から一緒の撮影が多く次第に仲が良くなり、プライベートでも会うようになったとの事。

週刊誌で報じられた当初は手をつなぐ程度の仲だったが、少しして三浦春馬と戸田恵梨香の路上キス現場が一般人に目撃されたと報じられた。

だが、ドラマの撮影現場ではお互い口もきかず不仲説も流れていて、三浦春馬や他の共演者のNGに戸田恵梨香がキレていたという噂もあった。

しかしこれはプライベートの関係を隠す為、わざと不仲にしているという声もあったそう。

そして同ドラマで戸田恵梨香のライバル役を演じていた武井咲とも熱愛の噂が流れていた。

4位:原田夏希

熱愛が報じられた当初、原田夏希の知名度が低くそこまで大きなスクープにはならなかった。

しかし、あるスポーツ紙では代官山での手つなぎデートやカフェデートが報じられた。

共演者との熱愛報道が多い三浦春馬だが、原田夏希との共演経験は報じられた時には無かった事や、二人の代官山デートを報じたスポーツ紙が

ユニークな記事を載せる事が有名な新聞だったため、信憑性に欠ける。

ちなみに原田夏希は1984年7月7日生まれの女優で「篤姫」や「ハチミツとクローバー」、「すべてがFになる」等に出演している。