異次元の値段!世界の最も高価なダイヤモンドリン15選!

ダイヤモンド

ダイヤモンドは世界中のガールズを虜にする。

「私はアフリカに紛争をもたらすダイヤモンドになんて興味はないわ。あんなのただの石ころじゃない!」と思っていても、実際にショーケースに入ってキラキラと輝くそれを見ていると、惹きつけられるように見入ってしまう。

それがダイヤの魅力だ。それもそのはず、実際に原石として採掘されたダイヤでもそれから、商品となり値がつくまではさまざまな加工がされるものだ。

その色、純度、透明度に加え、輝きを引き立てるカットの仕方まで凝りに凝って最終的に付加価値が付くのが真のダイヤモンドリングなのである。

ここでは世界の女性を虜にするであろう、世界の最も高価なダイヤのリングをランキング形式で紹介していきたい。

15位:デビアス:シークレットキス・オブ・ダイアモンドリング(約6000万円)

ロマンスとラグジュアリーが一体となったデビアスのダイアモンドリング。

その美しく個性的なデザインはこのダイヤモンドの名前にあるように、秘められたなロマンスを意味するものなのだろうか?

10.09カラットの非の打ちどころのないローズカットのダイヤの中央には、色鮮やかなラウンドカットのピンクダイヤがあしらわれている。

まるで秘められた熱いキスをダイヤで覆い隠すような、ネーミングにぴったりのデザインだ。

さらにこのキスを象徴するピンクダイヤの周りには28粒の小さなダイヤがあしらわれている。

14位:ハウス・オブ・テイラー:オバール・ダイヤモンドリング(約1億1400万円)

もし婚約指輪に1億円以上かける予算があるのなら、このゴージャスなリングはどうだろう。

この指輪の名前は、イタリアのかの有名女優、エリザベス・テイラーの名からつけられたそうだ。

そんな由来を持つ指輪をささげられ、膝まずかれてプロポーズされたら・・・。筆者はため息しか出てこない。

オバールカットのダイヤの大きさは5.98カラット、その周りを全部で、3.96カラットのラウンド・ブリリアントカットのダイヤが囲んでいる。

ダイヤの魅力をダイナミックに投影した、まばゆいばかりのデザインだ。

13位:. ティファニー:オバール・ダイアモンドリング(約1億1400万円)

ダイヤの指輪といったらやはりティフアニー。世界のガールズたちの憧れの的、夢の象徴であるティファニーブランドのリングがここでランクイン。

世の男性からしてみても、愛してやまない彼女のために贈りたいブランドとしてその名を知らない者はいないだろう。

まず、ひときわ輝きを放ち、目を奪うのがリングの中心にあるオバールシェイプ(卵型)のダイヤモンド。

そのメインのダイヤの周りにはやはり小さなオバール型のダイヤで埋め込まれている凝ったデザインだ。

リングはプラチナ素材で、予算はさておき、婚約指輪に選ぶにはうってつけのリングかもしれない。

このリングを目にした瞬間、「これぞプリンセスがはめるダイヤモンドだ!」と直感する正統派のダイヤのリングである。

ティフアニーはダイヤモンドの価値を尊ぶブランドだ。店舗に立ち入った瞬間に、いや、例えそれがウィンドウショッピングであっても、ティフアニーのダイヤに対する熱い想いを感じることができるだろう。

それこそが、ティフアニーが世の女性に愛される理由の一つでもあるのだ。