岡田将生がたっぷり堪能できる映画トップ5!

岡田将生とは

1986年8月15日生まれ、現在26歳の岡田将生さんは2006年にデビューした演技派俳優である。

まだ26歳という年齢にもかかわらず、作品にも恵まれすでに日本アカデミー賞やブルーリボン賞など数々の賞を受賞しておりその演技力は業界内での評価も高いことがわかる。

彼は2006年にCMでデビューした翌年に、テレビドラマ『生徒諸君!』や『花ざかりの君たちへ』などでメインキャストを務めている。

同年に『天然コケッコー』にも出演し映画デビューも果たした。

この時主演は夏帆さんであったが、岡田将生さんもメインキャストとして出演しその名を映画界に広めるきっかけとなった。

その勢いはとどまることなく、2008年にはドラマ初主演、2008年から2009年には5本もの映画に主役級での出演を果たしている。

若くして成功をおさめている彼の活躍は一つの記事にまとめることが難しいが、今回は5つに絞って映画作品を紹介したいと思う。

その爽やかなルックス、抜群のスタイルに演技力が備わっている彼はこれからも素晴らしい活躍をしていくことだろう。

まだこれらの映画を観たことがないという人には絶対に観てほしい。

5位:ホノカアボーイ

写真家としてだけでなくライターとしても活動している吉田玲雄さんがハワイでの滞在体験を綴ったエッセイである。

本作は、岡田将生さんの初主演映画となった。

ハワイのゆったりとした日常や温かい心を描いているこの作品は観ている方もほっこりとするハートフルな作品である。

作品のキャッチコピーは、『どうして僕たちは、何かを失って、大人になるんだろう。』だ。

ハワイの日常をほっこりとた心で観ていくなかで、観客は自分とのズレに感じて失くしたものの大切さを実感するだろうというメッセージが込められている。

岡田将生さんは失恋してハワイのホノカアにやってくる大学生のレオを演じている。

岡田将生さんの優しさや温かさに溢れた演技が魅力的だ。