小栗旬がたっぷり堪能できる映画トップ5!

小栗旬とは

数々の作品に出演し、数々の役を見事に演じ分ける、実力派俳優小栗旬。

ここでは小栗旬さんのファンは必見の映画を紹介する。しかし小栗旬さんは俳優として映画に出演しているだけではなく、自らメガホンを持ち映画監督としても活躍した作品がある。

「シュアリー・サムデイ」2010年7月17日に公開され、キャストには小栗旬さんの人望で集まった俳優が多く出演している。

主演には小出恵介、相手役に小西真奈美をキャスティング。他にも勝地涼、ムロツヨシ、綾野剛、モト冬樹、原日出子、遠藤憲一、井上真央、阿部力、大竹しのぶ、津田寛治、妻夫木聡、上戸彩、竹中直人、岡村隆史、吉田鋼太郎と豪華なキャストで作成された。

もともと監督業をしてみたいと考えていた小栗旬さんが2005年にあらすじを書き、それを元に武藤将吾さんに脚本をお願いした。

その後、小栗旬さんが忙しくなり、一旦保留となるが2009年に映画化に向けて活動を再開し、その年の7月にクランクイン。

内容はバンドを組む高校生達を中心にストーリーが繰り広げられる。文化祭を開催しないという学校の決定に抗議するため、嘘の爆破予告を伝え学校を占拠する。

しかし、メンバーの1人が本物の爆弾を使ってしまいそれが、爆発。その責任をとることとなった高校生達の3年後を軸に、複雑に人間模様が絡み合い爆発事件に隠れた

もう一つの事件の真相を解明していく、というものだ。

5位:クローズZERO・ZEROⅡ

続編のⅡも映画公開された「クローズZERO」。

原作は漫画「クローズ」で映画化第1作のクローズZEROは2007年の公開された。激しい乱闘シーンや高校生役が喫煙をするシーンなどから

PG-12指定されている。第2作のクローズZEROⅡは2009年。キャストを大きく変更し2014年にもクローズEXPLODEという続編が公開される程人気のある作品。

悪で有名な高校に転校してきた小栗旬。その理由は全校をまつめ自分がテッペンに立つ為。その為数々の派閥と殴り合いをし自分の強さをみせた。

Ⅱではライバル高と殴り合いの戦いを繰り広げる。共演者には山田孝之や桐谷健太、金子ノブアキ、綾野剛、三浦春馬など、現在、主役として活躍する俳優も多く居る。

この映画では男らしい小栗旬が堪能できるだろう。

4位:ルパン三世

アニメ映画で有名なルパン三世。アニメでは数々のシリーズがあるが、実写映画化はモンキー・パンチという漫画を元に作られたオリジナルストーリー。

2014年に公開され、石川五エ門を綾野剛が、次元大介を玉山鉄二が、峰不二子を黒木メイサが、銭形警部を浅野忠信が演じた。

小栗旬はもちろん、愛されるキャラクターを熱演しそれぞれがそれぞれのキャラクターにハマっておりアニメのルパン三世ファンも満足の、とても面白い作品。

この作品ではコミカルな演技をする小栗旬が堪能できるだろう。