不安や後悔も?年上彼女と結婚する前に知ってほしいこと10選!

年上女性との結婚

恋愛に年の差は関係ないとは良く言うが、それが結婚になれば話は別だろう。結婚相手が自分よりも年上であれば、なおさら考えることは多くなる。年上彼女がいると、年齢もそこそこであれば彼女の焦りを感じるかもしれない。男としては腹を括る時期かもしれないと意を決しても、その前に年上彼女との結婚生活を想像できない場合もあるだろう。

デリケートな年齢という問題には様々なことが付いて回ることがあるが、結婚に向かうまでに年上彼女との結婚で知って欲しいこと10選を紹介していく。

10位:年上彼女との結婚には親の反対が立ちふさがる

年上彼女との結婚には、まずお互いの両親への報告が必要となる。成人していれば親の許しは要らないが、一人前の大人として挨拶をするカップルが多いだろう。

しかし、彼女の方が年上の場合、お互いの両親から反対を受ける可能性があることも頭に入れておこう。親が年の差に抵抗がなければ快諾してくれるかもしれないが、彼女の方が年上の場合、様々な問題が出るのではないかという不安に繋がる。彼氏であるあなたの親は、年上の彼女と折り合いを付けてやっていけるのか心配になり、彼女の親は年下の立場であるあなたのことを頼りになるか心配しているのである。

2人で結婚を取り決めたとしても、親の意見が絡んでくることもあることから、慎重に話し合いを進めていく必要があるだろう。

9位:年上彼女と結婚したら出産時に大変な思いをする可能性

晩婚化が進む現代の結婚状況では、彼女がそこそこ良い年齢の場合があるだろう。結婚すれば自分の血を引く子供が欲しいと考え初め、子供を作ろうと計画していくが、彼女の年が高齢出産である場合、様々な問題が浮き上がってくる。

女性は35歳で高齢出産と言われており、年齢が高くなるにつれて子供ができにくい体になったり、妊娠中に体に負担がかかることで早産などの原因になることもあり得る。子供はたくさん欲しいと思っているのであれば、結婚してから彼女の妊娠問題で悩む可能性があるということは肝に銘じておいた方が良いだろう。

8位:結婚を心から後悔するのは年上彼女の気の強さ

年上の女性でも柔らかい性格で大人しいタイプの人もいるが、社会の荒波にもまれてきた年上彼女は様々な経験を身を持って体験しているため、結婚後は少々気が強いことが挙げられる。年下であるあなたをリードしていこうという意思もあるからか、弱みを見せず、強くあろうと固く決心しているのだ。

彼女にとっては結婚後のけじめだったとしても、本心を知らないあなたにとっては気が強く、逆らえない存在である鬼嫁だと感じてしまうこともあるかもしれない。2人の時間をきちんと持ち、お互いを知る努力を常に怠らなければ良い関係が築けるのかもしれないが、言い出しにくい雰囲気の関係を作ってしまったら結婚生活が苦痛に感じることもあるだろう。