歴代の男関係を一挙紹介!大島優子の熱愛彼氏と噂された6人!

大島優子とは

大島優子はAKB48のメンバーとして知名度を上げ、ソロになった後もドラマ、バラエティなどで活躍し、2017年1月からはドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ)で主要人物の鳥居小雪を演じている。芸能界での経歴は長く1996年頃から活動しており、子役時代も含めると20年ほど(2017年現在)になる。

AKBのメンバーとして主要な人物でありAKB48の主な楽曲の全てにメンバーとして参加している(じゃんけん選抜のシングルを抜かす)。

AKBは恋愛禁止という規則があったが、それは厳密な意味での恋愛禁止ではなく、プロデュースした秋元康自身も「恋愛禁止だと言った覚えはない」と発言している。秋元康が言うには甲子園を目指す人間が恋愛をしている暇がないように、アイドルとして懸命に活動していれば恋愛などできない、というニュアンスで暗黙のルールのようなものだったと語っている。また会いに行けるアイドルとして、ファンのことを考えたルールだったのではないだろうか。

AKB時代からさまざまな人物と噂を流されてきた大島優子。そしてウエンツ瑛士との熱愛が取りざたされ、それがAKBをやめるきっかけとなったと言われている。大島優子の熱愛彼氏と噂された人物を紹介していこうと思う。

6位:熱愛彼氏その1 ウェンツ瑛士とはどんな関係?

ウエンツ瑛士と大島優子はかなり以前から交際報道があったようである。大島優子がAKBを卒業したのは2014年だが2010年にはすでに熱愛報道があった。

また2012年には当時のAKBメンバーの秋元才加の誕生日を祝う劇場公演「生誕祭」があったのだが、それを休みウエンツ瑛士とデートしていたのではないかと報じられたのだ。

当時のAKBメンバーは忙しく大島優子のほかにも板野友美、峯岸みなみなど9名が不参加だったのだが、ある飲食店従業員がTwitterで「明日大島優子とウエンツ瑛士が来店する」とつぶやいてしまったことから公演を休んでデート?という噂が流れたのだ。その従業員は当日「大島優子はウエンツ瑛士ではなく女性と来店した」とつぶやいたので、大島優子はただのオフだったということになった。

ウエンツ瑛士とのなれそめはドラマ『エンゼルバンク〜転職代理人』(テレビ朝日、2010年)である。お互いに子役時代から活躍していたこともあって共通点が多かったのではないだろうか。そして同年、今や文春砲でおなじみの「週刊文春」が2人の仲を報じた。共演がきっかけで親しくなり大島優子の公演を観に来くることなどもあったそう。その時の文春の記事によれば、過去にはプリクラ写真が流出しただけで卒業に追い込まれたメンバーもいるが、大島優子は当時21歳で成人組だったため大目に見られるのではないかと報じられていた。

ウエンツ瑛士とは家族ぐるみのつき合いなのだそうで、大島優子自身もお兄ちゃんみたいな存在だと語っていることから、熱愛や彼氏というのはどうやら噂だけなようだ。なぜか大島優子は男性関係が派手だと言われているが、芸能界で長く活動していることから、ある意味男慣れしてると見られてしまうのかもしれない。

5位:熱愛彼氏その2 中高時代の元カレ、一体何人いるの?

画像は大島優子と田中圭。(『東京タラレバ娘』より)

大島優子は中学時代すでに芸能界で活動しており、明るい性格で男子にはモテていたのだそう。しかし亀梨和也似の彼氏、サッカー部の先輩とつき合っていたという証言は同級生や元カレが雑誌のインタビューに答えるという形にはなっているものの、本当に彼氏だったのかという証拠は一切ない。

学年が同じならクラスが違っていても同級生と言えるだろうし、またクラスが違っていてもその頃から芸能活動をしていたのだから目立つだろうし、さまざまな噂も飛び交うだろう。芸能人というのはそういう面がクローズアップしがちだが、もしドラマの仕事をやっていたとすればセリフ覚えや、移動だけで大変で(当時は栃木だったため)恋愛などする暇もなかったのではないだろうか。

普通の中高生でも勉強と恋愛はなかなか両立できないだろう。それを大島優子は勉強、芸能活動、恋愛を両立していたのだろうか、そうだとすれば本当にすごいことである。

AKB時代もデビュー当時は栃木県からレッスンのために東京まで通い、夜間に帰宅する生活だったという。これのどこに恋愛する時間があるだろうか。アイドルは万能ではないのである。

大島優子の元カレは噂だけで本当につき合っていたのかもわからない存在である。

4位:熱愛彼氏その3 大島優子が日本のナンパ界でもっとも有名な男にナンパされたって本当?

このナンパ師(”ナンパ師岡部”こと外資系コンサルタントの飯田義之)が2ちゃんねるにスレッドを立て大島優子と関係したということを発信し、炎上する大騒ぎが起きた。その半年後に大島優子はAKBを卒業しているので、この件がまったく関係ないとは言えないだろう。そしてこの詐欺師のような男性は”ナンパ師岡部”という名前から本名を特定されてしまい、危機管理のなさから会社をやめることになったそう。

なんとも悪質な男性と関わってしまったな、というのが正直な感想だが、実際は熱愛というよりは、3ヶ月くらいの短い交際期間だったらしい(それも事実かはわからない)。

このナンパ師(名前を書くのも嫌なのでこう呼ぶことする)と大島優子の間に本当にそのような関係があったとは信じがたいが、キスをしているプリクラ画像のようなものも出ているし「AKBメンバー喰った俺がモテる人間になる方法教える」というスレッドを立て(ほかのAKBメンバーもナンパしたらしい)、さらにはナンパ術を商売にしているのだ。

女性としてこういう人間のことはあまり書きたくないというのが本音である。このナンパ師はAKBのファンや2ちゃんねるの警察なみの捜査力で、SNSでの活動を一切停止させられたのだが、いまだにネットにはびこり「モテる人間になる方法教える」という情報商材を5万円で売っている。そんなものを誰が買うのかと思ってしまうが、大島優子やほかのメンバーもナンパしたことがある、というところが信用性を高くしているのだろう。