生理的に無理な人の特徴と克服する方法4選!

3位:彼氏の顔や匂いなどが生理的に無理な場合は、別れることも視野にいれよう!

せっかく好きで付き合った彼氏だけど、どうしても生理的に無理と悩む女性もいるのではないだろうか?

生理的に無理と感じる理由は様々であるが、大きく分けて顔と匂いの2つに大別される。

まず彼氏の顔が生理的に無理と感じる場合、長く交際することが難しい場合が多い。

たとえば、彼氏の顔が生理的に無理な場合、顔を見るだけでがっかりして、デートのテンションが下がり、一緒にいても全く楽しくないと思うようになり、交際を継続させることが難しい。

また、彼氏の匂いが生理的に無理と感じる場合、匂いが合わない相手と一緒にいることが苦痛になるため、匂いが原因で別れてしまうカップルも多い。

匂いは遺伝子が深く関係しており、素敵な相手でも、近い匂いの相手とは恋愛感情がわかないと言われている。

これは似た匂いの相手は自分と似た遺伝子を持っており、より強い遺伝子をつくる観点から、似た遺伝子を選ばないように直感的に嗅覚が感知するからである。

ある調査では女性の9割が恋愛に匂いは重要と回答しているほど、彼氏の匂いは重要である。

時間がたてば、生理的に無理な彼氏の顔や匂いも許容できるようになることも稀にあるかもしれないが、我慢して交際している場合は遅かれ早かれ上手くいかなくなるときがくるため、別れることを視野にいれてもいいだろう。

2位:夫婦でいることが生理的に無理になら離婚もあり!

子供がいる夫婦だと、夫婦間の話題が子供についてだけで、そのうち夫婦で話しあうこともなくなり、お互いにまったく興味をもたなくなるケースが多い。

夫婦どちらとも、お互いが生理的に無理と思ってしまい、家庭にも「夫婦の倦怠期」ともいえる不和な空気が流れる。

夫婦の倦怠期を解消させるためには、短時間でもいいので、まず夫婦で話し合いの機会をつくることが必要である。

ここでの話し合いとは、「どうして倦怠期を迎えてしまった理由」や「倦怠期を脱出するための改善策」を考えることである。

早めに話し合いをすることにより、事態の深刻化を防ぐことができ、夫婦お互いが生理的に無理といった感情も解消できる可能性が高くなる。

しかし、話し合いをしても解決されない場合や、そもそも話し合いすることが難しい夫婦もいるため、夫婦でいることが生理的に無理といった問題を解決できない場合もある。

子供のために我慢して夫婦関係を継続すると、かえって子供に悪影響を与える場合や、無理に関係を継続することでストレスで精神的・肉体的に不調に陥るケースもあるため、そういった場合は離婚を検討することも必要である。

離婚する場合は子供に事前に話したり、子供の気持ちを聞いてあげることで円満な離婚へつなげることができる。

1位:結婚して旦那が生理的に無理になったら、まずは現状をしっかり受け入れよう!

好きで結婚した旦那だけど、結婚生活を送っていくうちに旦那のことが生理的に無理と思う女性が多い。

たとえば、旦那の体型が結婚したときと比較して太ったことや、一緒に生活して不潔だと感じたこと、旦那の出す音や匂いにストレスが溜まるようになったなど様々である。

結婚した当初は「恋は盲目」という言葉にあるように、恋に落ちると前頭葉の機能がストップして冷静な判断ができなくなるが、結婚して家事や雑用などするうちに前頭葉が活性化してきて、今まで見えていなかったものが色々見えてきて旦那の欠点もよく目につくようになることが関係するともいわれている。

結婚生活を送るうちに、旦那は何も変わっていないのに、旦那に対する見方が変わり、生理的に無理といった状態に陥ってしまうのである。

そこで、旦那を生理的に無理と思ったときは、まず現状をしっかり受け入れよう。

結婚当初、相手をしっかり見ていなかったことが問題なのであれば、相手をしっかり受け止めることが必要である。

そして思い描いていた理想の結婚生活と現実にギャップがあり旦那に不満を感じるのであれば、理想の結婚生活を捨てること、つまり旦那に対する期待も捨てるべきである。