サイコパスか診断できる無料心理テストトップ5!

サイコパス診断が巷に出回って話題になっている。

サイコパスは精神病質者のことである。実際の診断の異常心理テストは項目が多数あり、「サイコパス回答」を一定ライン以上の回数で出す者がサイコパスとされる。

一定ラインに満たないまでも、「サイコパス回答」を出した回数によってその傾向の強さを表す。

一定ラインを超えるサイコパスは25人に1人いると言われている。例えばクラスには1人、職場にも・・・と考えると日常あちこちで出会っているのである。

しかし、サイコパスは異常思考するだけであって、サイコパス=犯罪者ではない。

簡単な異常心理テストで「精神病質者」となりうる要素があるかどうか、怖いもの見たさのお遊び気分で試して頂きたい。

 

【みんなに読まれてます】

 

⇒やった後に笑える心理テストトップ5!

⇒実はサイコパスではないかと言われている有名人トップ5!

⇒これは当たる!簡単に性格が分かる面白い心理テストトップ5!

 

5位:『押入れ』

【一般回答例】

開けて殺す、押入れごと破壊するなど。

 

【サイコパス回答例】

出てくるまでじっと待つ。

 

【プチ解説】

一般回答には「殺す」という行為に感じる恐れや行動の異常性に自覚があり、早く終わらせたいというような雰囲気が出ている。しかし、サイコパスは勢いだけで終わらせたくない。「殺す」という行為を楽しもうとしている。

 

これは・・・筆者の回答は「出てくるまで開けずに、ナイフを襖からブスブス刺したりして怖がらせる」であった。理由としては「殺人を実行に移すほど憎いのであれば最高に苦しませたいから」である。今これを打ち込みながら、客観的に考えてみてちょっと自分にガクブルきた次第である。