これは面白い!日本全国各地の珍地名ランキングトップ5!

珍しい地名

日本各地には面白い地名が至るところに存在する。あなたが住んでいる場所も、ひょっとしたらかなり面白い地名だったりはしないか。住所を口頭で告げる時に、珍地名でちょっと気恥ずかしいなと思っていたり、書くのが何だかなという方も中にはいらっしゃるのでは。

日本地図でなくとも試しに自宅周辺の地図を広げてみれば、それぞれの地域で珍地名が見つかり、地元の珍地名ランキングが出来上がりそうだ。

面白いことが大好きな小中学生の、夏休みの自由研究や調べ学習ののテーマにもいいかも知れない。

旅先やドライブの途中で出会うときっと楽しくなる、日本全国各地の珍地名をランキング形式で5つご紹介したい。

5位:「発作」

ドライブ中に、青い道路看板に発作の字を見つけたとしたら眠気も吹っ飛ぶのではなかろうか。発作というと病気の発作しかない、一大事だ一刻も早く何とかしなければ。 そんなドキッとする字面の地名が千葉県にある。

慌てる必要はない、発作(ホッサク)と読み、住所は千葉県印西市(インザイシ)発作となる。そんなちょっと心臓に悪い地名だが、由来は病気とは全く関係がない。

江戸期は発作新田と呼ばれたところ、地名は新開地であったので開発して作られた土地の意味で「発作」が充てられたとのこと。開発の[発]と[作]られたをあわせた地名だ。

江戸時代には発作という言葉は使っていなかったのかも知れないし、たまたま漢字が同じだけで読みが違うのだから、勝手に読み間違えて本当に大きなお世話ではある。

由来を知ると、千葉県だし関東平野だからなと納得してしまう地名である。