7人制ラグビー男子日本代表イケメン選手トップ5!

セブンズジャパンのイケメン

7人制ラグビー男子日本代表、愛称はセブンズジャパン。

2015年11月に、香港スタジアムで7人制ラグビーのリオデジャネイロオリンピックのアジア予選が行われた。

そして日本代表はこの予選で見事アジア代表枠を獲得したのだ。

もはやラグビーは人気のスポーツとなっていたので、テレビでこの快挙をご覧になった方も多いのではないだろうか。

もちろんラグビーに興味があり、応援したいから観る訳だが、女性ファンなら好きな選手の1人や2人はいることだろう。

ファンになるきっかけは色々あるが、1番は見た目が好きだからということが多いのではないだろうか。

事実、この7人制ラグビー日本代表のなかにイケメンはいる。ではどんなイケメンがいるのか気になるところ。

あの2015年ラグビーW杯イングランド大会の快挙があったおかげで、ラグビーの女性ファンは増えたことだろう。

たくましい筋肉と格闘技のような試合、そしてそんなプレイをイケメンがしているとなれば女性も釘付けになるのは当然かもしれない。

そこで今回は、7人制ラグビー男子日本代表のイケメンをランキング形式でご紹介したいと思う。

現在、もっとも人気急上昇と言ってもいいスポーツなだけに、どんな選手がいるのか気になる人も是非このランキングをチェックしよう。

5位:藤田 慶和

2015年ラグビーW杯イングランド大会のメンバーの中で、最年少で選出されトライも決めたのが藤田慶和選手だ。

現在は早稲田大学の4年生。2019年のラグビーW杯日本大会ではエース候補筆頭の選手といえるだろう。

見た目は爽やか系イケメン。ただイケメンというよりは可愛い系と言えるかもしれない。

ラグビー界では話題の人である藤田選手、実際のところ彼女がいるのか気になるところだが、ネット情報では今のところ彼女はいないそうだ。

ちなみに、そんなイケメンの藤田選手だが、寝ている時の「いびき」がうるさくて周囲に迷惑をかけているのだとか。またそれも可愛い一面なのかもしれない。

藤田慶和選手のプロフィールはこちら

・1993年9月8日生まれ

・京都府京都市出身

・ポジションはウィング(WTB)、フルバック(FB)

・身長184cm、体重90kg

・ニックネームはyoshi

4位:桑水流 裕策

7人制ラグビーのキャプテンを務めており、大学時代からセブンズに選ばれるほどの実力を持つ桑水流選手。

ところで桑水流という苗字、あなたは読めるだろうか。正解は、「くわずる」と読む。全国でも600人もいないほど珍しい苗字だ。

見た目は九州男児系イケメン。少々強引な言い方かもしれないが、なんとなく伝われば幸いだ。

ファンにしてみれば少々残念かもしれないが、桑水流選手は既婚者だ。そして男の子の子供もいる。

宝物は家族とも言っており、その家族の力も借りて是非オリンピックでは頑張って欲しいところだ。

桑水流裕策選手のプロフィールはこちら

・1985年10月23日生まれ

・鹿児島県出身

・ポジションはフランカー(FL)

・身長188cm、体重97kg

・ニックネームはツル